ブログタイトル「水輝亭」→「Mizuc ism」に変わりました!

読書を習慣化する3つのコツ!

たくさんの本を読んでいる
URLをコピーする
URLをコピーしました!

積ん読が3冊あって、時間ができたら読もうと思っていました。

何日たっても本を開くことができませんでした。なんとかして、毎日、読むことを習慣化できたらいいなと考えました。

毎日1文字でもいいから読む、と決めたらひと月で4冊読み終えていました。

目次

意識するポイントは3つ

  1. 読むハードルを下げる
  2. 写真を撮る
  3. 読んだ報告をする

読むことにプラスして手間を増やしています。

たかが読むことすらできなかったわけですが、これをやったら、今日も読もうと思えてきました。

一つ一つ説明していきます。

読むハードルを下げる

  • 1文字しか読まなくても、読んだことにする
  • 1行しか読まなくても、読んだことにする
  • 1ページしか読まなくても、読んだことにする

時間ができたら読もうと思って、数日、1週間、たっていることもしばしば。

いつになったら読む時間ができるのか。作るしかありません。

しかし、急に時間を作るのは難しいので、本を読むというハードルを下げます。

そもそも何ページ読んだら読んだことになるのか、人それぞれだと思います。

最後まで読まなくても、読んだことには変わりありません。

1文字でも読んだら、読んだことにすれば、ものの5秒で終えられます。

本を手にとって、開いて、1文字読んで、閉じる!

最初はこれでいいです。次第に、1行読んで、気になるからもう1行読んでみようか、と増えていきます。

写真を撮る

読み終えたら、挟んでいる栞を少し本から出して、栞の位置を写真に撮ります。

ページが進めば、栞の位置が移動していくのが、写真を眺めていくとわかります。

昨日より進んでるのがわかると、もっと読みたい気持ちにさせてくれます。

読んだことを報告する

どれだけ読んだか、栞の位置の写真をアップ!

もし、TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSをやっていたら、毎日読んだ報告をしましょう。

または、LINEで友達に読んだことを報告でもいいでしょう。

その際、読書継続日数、何文字読んだのか、もしくは何ページ読んだのかを書き込み、さっき撮った栞の位置の写真も一緒にアップします。

毎日の終わりか、読み終えた時に、読んだ報告をします。

手間ですが、いくつかの行為と関連させておくことで、本を読むこと自体を忘れなくなります。

SNSにアップすれば、きっと誰かが見ていて、監視役になって、自分へのプレッシャーにもなります。

ついでに感想もアウトプット

読んだ報告の際、簡単な感想や気づき、学んだことを書いておくと、本の内容が強く印象に残ります。

小説なら物語の内容や登場人物の良かったセリフなどを書いて、作品の魅力を伝えることもできます。

Twitterなら、140文字。

実際は、報告用に文字数を使っているので、それ以下の文字数しか使えません。

120字程度ですが、自分の言葉でまとめ、アウトプットする練習の場にもなります。

大幅に読む以外のことをしすぎているようにも思われますが、夜にだらだら見ているだけのSNSの5分を読書に使うだけです。

テレビを見る時間を5分、読書に使いましょう。

いつになっても時間はできません。

まとめ

読書を習慣化するコツは3つ

  1. 読むハードルを下げる
  2. 写真を撮る
  3. 読んだ報告をする

このおかげで、本を読む習慣ができ、ひと月で本を4冊読み終え、5冊目を読み始めることができました。

それでも本を読むのが大変ならば、本を聞くというのも手です。

Amazon Audibleページ

Amazon audible体験・登録詳細ページへ

習慣化の本は、これがとてもわかりやすかったので、オススメです!

合わせて読みたい関連記事

ブログ・サポートsupport

ブログコンサルティングサポートサービス

ブログを継続的に発信していくサポートを行っています。

ブログのお悩みや技術的なことを相談できます。

WordPressブログのコンサル・運用サポートプランもあり、メンテナンスやトラブルにも対応します。

たくさんの本を読んでいる

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる