「ありがとう」のすごい秘密 by 小林正観 を読んで、さらに「ありがとう」の奥深さを知ることができた!

「ありがとう」のすごい秘密 by 小林正観の電子書籍表紙

この本を見つけた時、「お伊勢参りファンも必読の一冊!」と説明があり、興味を持ちました。

私は一度、伊勢神宮に行く機会があり、お伊勢参りは、感謝を伝えに行く場所でもあったので、この本には、どんな「ありがとう」について書かれているのか知りたくなり、読みました。

まだまだ、「ありがとう」という言葉には、私の知らない言霊が隠されていて、新しい気づきも得ることができました。

それをご紹介します。

心を込めない「ありがとう」も言い続ければ心からの「ありがとう」になる

もともと私は、「ありがとう」を言うのが苦手でした。

ありがとう日記というものをつけ始めてから、少しずつ言えるようになりました。

当初は、10個もありがとうと言えるものが思いつきませんでした。

それでも、あれこれ理由をつけては、ありがとう日記をつけていると、ちょっとした些細なことにさえ、ありがとうと思えるようになっていました。

そんな小さなことに感謝してもなぁ、と思っていても、気づけば思いもよらない視点で、感謝している自分がいました。

人に甘えて、甘えて、そして心からの「ありがとう」を言う

人間関係の出発点は人に甘えること

「ありがとう」を言う場面とは、究極的には、人に、もしくは何かに甘えていたから、言えるのだと思います。

甘えさせてくれる人がいて、甘えていい自分がいる関係が成り立ちます。

そう思えた時、ふっと心がまたひとつ軽くなったように思えました。

どちらの状況もあって、人は生きていけるのだと感じました。

今、自分がおかれている状況に感謝

どうして、この場にいるのか。

いろんな巡り合わせがあってのことだと思いますが、やはり最後は、自分で決めてそこにいるのだと思っています。

きっと何かを達成したかったり、目標があったり、はたまたそこが好きだからかもしれません。

自分をよくしてくれると思って、そこにいるのだと思うと、感謝してしまいます。

ただし、本書では、

向上心、努力、目標という言葉に惑わされないほうがいい

本当の幸せというのは、何かを想定して、それが手に入ったら幸せなのではありません。幸せとは、すでに幸せに囲まれていることに気がつくということなのです。

と、ありました。

何かが足りないから不幸というのは、とても辛いように思えます。

向上心などは、大切な気持ちではありますが、そればかりに囚われてしまうことの方が、不幸なのだと感じました。

今の状況や環境があってこその向上で、今に感謝しつつ、向上できたら、また感謝したいと思えました。

病気とは愛する人の肩代わりだと考えてみる

そんなことを人生で思ったことは、ありません。そもそもその発想がありませんでした。

1月1日、朝早く天皇は、

「もし今年、日本に災いが降ってくるのであれば、まず私の体を通してからにしてください」

という祈りを捧げているそうです。そう考えると、被災地を訪れる天皇の姿には納得のいくものがあります。

これには、本当に愕然とした自分がいました。

そこまで人のことを思えるかと聞かれたら、すぐには言葉を返すことはできません。

自分が病気になった時でさえ、つらいのに、人のものまで受け入れらるのだろうか。

愛する人の病気を少し持つことができたら、愛する人は少し楽になるのでしょう。

そう考えることができれば、愛する人が少しでも早く治り、元気な姿が見れることでしょう。

そうなれば、病気を担うことも感謝になりますね。

本書を通して、さらに「ありがとう」の奥深さを知った

まだまだ知らない、「ありがとう」の言霊の力に気づくことができました。

ありがとうを通して、病気を肩代わりするという意識を持つとも思いませんでした。

でも、些細なことへの感謝の積み重ねが、人生を豊かにしていくものだなと感じました。

日々への感謝も忘れず、これからも過ごしていきます。

合わせて読みたい関連記事

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。