学びを結果に変える アウトプット大全 by 樺沢紫苑 を読んで、インプットよりアウトプット量を多くして人は成長する!

学びを結果に変える アウトプット大全 by 樺沢紫苑

いわゆる勉強とは、教科書を読んで暗記したり、本を読んで知識を増やすものだと思っていました。

ただ、それだけしていて、頭がよくなったり、自分が成長できるのか。

本当に必要だったのは、アウトプットすることだと、「アウトプット大全」を読んで気づかされました。

著者である樺沢紫苑さんは、精神科医であるため、解説ひとつひとつに納得させられながら、本書を読み進んで行きました。

アウトプットすることで、記憶に定着するだけでなく、自分の行動も変わってくるというのです。

インプットとアウトプットの黄金比は、3:7

インプットが多ければ多いほど良いと思っていた私。

だから、本を読んだり、講習を受けてみたりすることが多いです。

比率でいえば、7:3くらいです。アウトプット大全のど頭から、それをひっくり返す指標が出て、私が圧倒的にアウトプット量が少ないと気づかされました。

学生的な勉強で言うならば、教科書をじっくり読むより、問題をたくさん解いていくことがアウトプットというのです。

様々なアウトプット方法について、書かれているのが、このアウトプット大全です。

アウトプットの6つの効果

  • 記憶に残る
  • 行動が変わる
  • 現実が変わる
  • 自己成長する
  • 楽しい
  • 圧倒的な結果が出る

アウトプットとは、「話す」「書く」「行動する」です。アウトプットはすべて「運動」であり、「行動」です。

アウトプットという行動をし、その行動の結果をしっかり受け止めることにより、次へ繋がるというのです。

学んだことを話したり、書いたりすると、確かに記憶に残ります。

結果的に、現実が変わっていることもあると思います。

私自身、このブログを書いてきたことにより、新しい出会いや体験もしてきました。

どんどんアウトプットしていくことにより、自分自身が変わっていくことも少なからず実感しています。

朝イチに、1日の TO DO リストを作ったら、1日を把握し、集中して作業に取り組めた

アウトプット大全にならって、朝イチにTO DO リストを作ってみました。

メリット

  1. 1日の仕事の流れが確認できる
  2. 集中力が途切れない
  3. うっかりミスがゼロになる
  4. ワーキングメモリの容量が増える/仕事が効率化する

TO DOリストを作っていなかった時は、ひとつの作業が終わってから次に何をしようか考えていました。

それにも頭を使うので、当然疲れていきます。

でも、先にアウトプットしておくことで、全体を把握でき、次にやるべきことにすぐ移ることができるようになりました。

アウトプットすることで、頭をスッキリさせることができます。

TO DO リストの書き方

その日にやることを

  • 午前3つ
  • 午後3つ
  • 毎日のルーティーン
  • スキマ時間にやること
  • 遊び
  • その他

それぞれ項目ごとに表などにして書き出し、終わったら、消していきます。

アウトプット大全には、紙に書き、常に机の上に置いて、目に見えるところに置いておくと良いとのこと。

これを実践してみたら、作業ごとに何をするか考える時間が減りました。

そして、作業が終われば、リストを消していくので、達成感もおのずと生まれてきます。

無印良品のTO DO リスト帳

無印良品に、TO DO リスト帳があったので、今はこれに書き込んでやっています。

まとめ

アウトプットしていくことで、いろんなことに気づけ、自分の成長も振り返れると感じました。

このアウトプット大全には、紹介した以外にも、人を褒めたり、映画の感想を書いたり、ポジティプ日記をつけたりと、たくさんのやり方や効き目について、詳しく書かれています。

できることからやって、アウトプット量を増やして、充実した時間を過ごしていきたいと思います。

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。