11/11 糸かがり手製本ワークショップ開催!

手の平サイズに収まるA7サイズの小さなノートを糸1本で紙をかがり、作っていきます!(定員5名)

小説「不機嫌な姫とブルックナー団」by 高原英里 好きなことは好きと言おうと感じた!

不機嫌な姫とブルックナー団

ブルックナーという作曲家も知らず、クラシック曲もたいして聞かないのに、なぜ買ったのだろうか。

けれど、読み終えることもできたし、小さなことだったけど、主人公のごくごく自然な気持ちが書かれていて、最後は静かに読み終えられて良かったと感じた。

高原英里「不機嫌な姫とブルックナー団」

図書館の非正規職員として働くゆたきは、コンサート会場で「ブルックナー団」を名乗るオタク3人組に声をかけられる。その一人、タケがサイトに書き継ぐ「ブルックナー伝(未完)」を読んだゆたきは、意外な面白さに引き込まれていく。
19世紀ウィーンを代表する作曲家ながら「非モテの元祖」というべき変人ブルックナーの生涯は、周囲からの無理解と迫害に満ちていた。そんな彼に自分たちの不遇を重ねる3人組とつきあううちに、ゆたきの中で諦めていた夢が甦ってきて…。

今も昔もうまく生きられない男女を可笑しくも温かく描く、異才の新境地書下ろし小説!

帯の紹介文より

この小説を本屋で見つけた時は、まず表紙の絵に惹かれて手に取った。ミステリアスな感じで、入り込めそうだと感じた。

そして、「今も昔もうまく生きられない」というフレーズが決定打で購入した。帯には、「運命を変える?」や「心ふさぐ人々へ、エールを送る」とあり、ワクワクできるかもと思った。

感想

この小説を読む人に興味が湧いた

読み終えて、正直、作曲家ブルックナーという人がいて、当時、彼の作った曲はあまり受け入れられていなかったことを知ったくらいだった。

ブルックナーの曲を少し聞いてみたが、小説に書かれていたほど、変な曲とは思わなかった。

ベートーヴェンやヴァーグナーほど一般的には有名ではなそうな印象を読んでいて感じた。しかし、ブルックナーが好きな人たちもいる。小説でも、ブルックナーの曲が演奏されるコンサートへ行き、終わったあとにブルックナー団と名乗る男たちは、語らい合う。

ブルックナーの曲が好きな人がこの小説を読んで、ブルックナーという人物に対してどう思うのか、という方に興味が湧いた。
ブルックナーの魅力に取りつかれた人々とは……。

作中作

この作品で面白かったのが、途中途中で、作中作になっている点。
ブルックナー団と称する男子3人組の一人が、いまだ日の目を見ないアマチュアな作家で、その彼がブルックナーを主人公にし、おそらく事実に基づいた小説が差し込まれている。

これにより、ブルックナーのことについて知ることができたのは面白かった。作曲のことについても、ブルックナーの生きていた時代、ヴァーグナーと同じ時代、クラシック音楽界隈の空気にも触れることができた。
当時は、批評家によって、作曲家の良し悪しが決められていたようでもあった。批評家の評する内容によって、評判が変わっていることもなかなかおもしろい。

きっとブルックナー好きであれば、より楽しめたのかもしれない。

小さな気持ちの変化が見逃せない

ブルックナーの小説と入れ子になりつつ、そのブルックナー好きが書いた小説を読んでいく本編の主人公の心も次第に変化していく。

しかし、その変化は帯に書かれたほど大きなものではなかったので、あっさりとした終わりに物語としての満足感は、あまりなかった。

本屋で見つけた時、表層から見えた部分だけに期待しすぎた自分がいたからもしれない。

今こうして、ブログに感想を書いていると、思う。

その変化は、一瞬にして劇的に変わるものではなく、小さいことのように自然と書かれていた。
違和感なく自然とそちらに足を向ける姿は、やはり本人がそれを好きだから向いたんだと思う。

決して大声でなくても、好きなら好きだと、熱をもって言ったほうがいいんだなと思えた。

不機嫌な姫とブルックナー団




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。