小説「ギヴァー」4部作をすべて読み終えた直後で、言葉にならない。

小説「ギヴァー4部作」by ロイス・ローリー
Amazon Kindleセール中!

【待てば無料】新サービス「Amazon Fliptoon (フリップトゥーン)縦読みマンガ

【最大50%OFF】「オトク満載! 講談社のビジネス・実用・教養書キャンペーン」対象約350点(7/18まで)

【198円均一】「講談社の趣味&実用書 ALL198円タイムセール!」対象約200点(7/18まで)

【30%OFF】「海堂尊『ブラックペアン シーズン2』ドラマ化記念フェア」(7/18まで)

【30%OFF】「講談社ブルーバックス 最新ベストセラー100冊フェア」対象100点(7/18まで)

【最大30%OFF】「アニメ〈物語〉シリーズ新シーズン開幕! 西尾維新フェア」対象約130点(7/18まで)

【最大50%OFF】「『私を、あらたむ』 講談社現代新書創刊60周年記念フェア」対象約600点(8/1まで)

【100円もしくは最大50%OFF】「ミステリファン集合! 講談社の『夏ミス』2024」対象約1,000点(8/1まで)

【100円もしくは最大50%OFF】「『夏の1冊』が見つかる! エンタメ&ベストセラー小説特集」対象約1,400点(8/1まで)

【30%OFF】「小学館 2024年夏 ぴっかぴか小デジ!感謝祭」対象7,000冊以上(終了日不明)

Amazon オーディオブック「Audible」

【3ヶ月無料】Amazonオーディオブック「Audible」の3ヶ月無料キャンペーン 対象プライム会員(7/22まで)

  • プライム会員以外のユーザーは2か月無料

4部作の3作目の表紙が、とても印象的で読み始めたギヴァー4部作。

すべて読み終えました。その直後に、これを綴っています。

しかし、まだ言葉にできず、すぐに感想は書けません。

小説「ある子ども」by ロイス・ローリー

4作目「ある子ども」がとても骨太な物語でもあったということ。

そして、4作目が前3作のまとめ、世界の謎の解決編でもあり、まだ私の頭の中ですべてを理解、落とし込むことができません。

読み終えて、すぐにすべてを言葉にはできないのですが、今、不透明ではっきりしない気持ちを残しておきたいと思い、ブログに書いています。

単に面白かっただけでなく、すべてを読み終えて、ずっしりと問いを投げかけられたように思いました。

その問いは、今の自分を見つめ直す、今、立っているその場をどう生きるのか、これからどう生きるのかを問われているように感じました。

この4部作は、近未来世界観で描かれていますが、すべてを読み終え、それは現代に生きる自分とを比較させるための仕掛けでもあったようでした。

1作1作に、別々のテーマはありましたが、全体で見ると大きな1テーマで、あなたはどう生きていのかを問う質問を見せられていました。

その問いにどう答えるかは、文章ではなく、行動だろうと思っています。

だがしかし、答えである行動に移すにはまだ、自分の中で問いを落とし込めていません。

少し時間はかかるでしょうが、自問自答しながら、答えを、行動を見出していきたいと思います。

「ある子ども」の感想記事↓

あわせて読みたい
小説「ある子ども」by ロイス・ローリー を読んで、自分を信じて生きる力強さをもらった! ギヴァー4部作の4作目である「ある子ども」。 書店で、3作目「メッセンジャー」の表紙の緑色を見て、内容を確認せず読みたいと思って、読み始めたシリーズ最終巻。 つい...
小説「ギヴァー4部作」by ロイス・ローリー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!