小説「ある子ども」by ロイス・ローリー を読んで、自分を信じて生きる力強さをもらった!

2019 7/28
小説「ある子ども」by ロイス・ローリー を読んで、自分を信じて生きる力強さをもらった!

ギヴァー4部作の4作目である「ある子ども」。

書店で、3作目「メッセンジャー」の表紙の緑色を見て、内容を確認せず読みたいと思って、読み始めたシリーズ最終巻。

ついに、シリーズを最後まで読み終えることができました。

4作目は、描写が詳細な分、ページ数も多く、読みごたえのある作品でした。

自分を信じるという、まさに現代に通じる大きなメッセージ性も感じとれました。また人の良い面、悪い面を見させられ、改めて自分を問う作品でした。

目次

あらすじ

少女は14歳で〈イレモノ〉となり,〈産品〉を身ごもった。
やがて生まれた男児には,ある「欠陥」があった――
はたして少女は〈母〉になることができるのか。
前三作の登場人物が一堂に会し,すべての謎が解き明かされ,壮大な物語の環がとじる。

書籍の帯紹介より
ある子ども [目次]
  • 一 発端
  • 二 時のはざま
  • 三 暁光

舞台は、1作目の町。〈出産母〉に選ばれた少女の視点で、物語は描かれていく。

それはまるで、1作目の物語を別視点でなぞるように見ていくよう。1作目の少年視点とは違って、町の広い世界を垣間見ることができる。

しかし、このコミュニティー独特の狭さは相変わらずで、登場人物もコミュニティーの約束ことに縛られていることが伝わってきます。

〈出産母〉になった主人公は、無事子供を産むが、二人目を産むことなく別の仕事に就くことになった。主人公は、次第に自分の子供がどうなったの知りたくなり、子供を探していくことになる。

1作目の色の仕掛けが、4作目で社会の狭さを際立たせる

1作目「ギヴァー」の感想にも書きましたが、コミュニティーの中で「色」の認識が明示されることはありませんでした。

それが本作ではっきりします。しかし、それが小さなコミュニティーの慣習、約束事になってしまっていたことがわかります。

私は、ここで恐怖を覚えました。

他では当たり前のことが、認識できず、疑いもできない世界の狭さに心を痛めました。

児童文学作家の小説とはいえ、小説を通して、常識を疑え、広い視野を持て、言われていると感じました。

この最終巻は、至るところに作者のメッセージが散りばめられているように感じます。

主人公はことごとく試され、いやそれは自分から進むべき人生を、自ら選ばせています。協力してくれる人もいますが、全ては本人から動いた結果のことでした。

この小説は、ただただそこにいるだけではいけないことを警告しています。

現代に通じるメッセージ性

読み終えて、私はすぐに本作の感想を言葉に落とし込めませんした。

あわせて読みたい
小説「ギヴァー」4部作をすべて読み終えた直後で、言葉にならない。
小説「ギヴァー」4部作をすべて読み終えた直後で、言葉にならない。4部作の3作目の表紙が、とても印象的で読み始めたギヴァー4部作。すべて読み終えました。その直後に、これを綴っています。しかし、まだ言葉にできず、すぐに感想は書け...

物語を通して「あなたはどう?」と、常に問いかけられているようでした。

四作に登場してきた子どもたちは、特別視され、ただそれは、特異な性質において普通から離されているものです。

しかし、彼ら彼女らは、自分を疑わず、周囲に疑問を持って、自分の意思で確かめ行動を起こしています。

そして、ずっとその場にいることはなく、移動していることも彼らに共通することでした。

自ら、自分の人生を選んでいるのだと、強く感じました。

では、自分はどうするのか。

そう問いをぶつけられてました。

まとめ

小説とは、ある種、違った世界や魅力的な登場人物の物語を、読んで楽しむものという見方がありました。

しかし、本作はそれらとは違い、読む人に問いを投げかける作品でありました。

こんな作品に出会ったの初めてで、書店で3作目「メッセンジャー」を見かけることがなければ、こんな読書体験はできなかったでしょう。

ギヴァー4部作の書評記事

1作目「ギヴァー」はこちら↓

あわせて読みたい
小説「ギヴァー 記憶を注ぐ者」著:ロイス・ローリー を読んで、不安が取り除かれた未来世界が豊かなの...
小説「ギヴァー 記憶を注ぐ者」著:ロイス・ローリー を読んで、不安が取り除かれた未来世界が豊かなの...現実に起こりそうな、一つの未来予測を描いた少年の物語。本作は、4部作の1作目。映画化もされている小説です。書店で、3作目の表紙に惹かれて、読んでみたいと思って、...

2作目「ギャザリング・ブルー」はこちら↓

あわせて読みたい
小説「ギャザリング・ブルー 青を蒐める者」by ロイス・ローリー を読んで、見えない恐怖に包まれながら...
小説「ギャザリング・ブルー 青を蒐める者」by ロイス・ローリー を読んで、見えない恐怖に包まれながら...ギヴァー4部作の2作目「ギャザリング・ブルー」。本屋さんで、3作目「メッセンジャー」の表紙の緑色を見ただけで、内容を確認せず読みたいと思って、読み始めたシリーズ...

3作目「メッセンジャー」はこちら↓

あわせて読みたい
小説「メッセンジャー 緑の森の使者」by ロイス・ローリー を読んで、個々の力は与えられるものではなく...
小説「メッセンジャー 緑の森の使者」by ロイス・ローリー を読んで、個々の力は与えられるものではなく...ギヴァー4部作の3作目である「メッセンジャー」。書店で、この「メッセンジャー」の表紙の緑色を見て、内容を確認せず読みたいと思って、読み始めたシリーズ。ついに、...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

目次
目次