3/4〜3/29 Book Lovers 手製本を出展! イベント詳細

小説「ギヴァー 記憶を注ぐ者」著:ロイス・ローリー を読んで、不安が取り除かれた未来世界が豊かなのかを問うてる小説だった!

2019 10/14
小説「ギヴァー 記憶を注ぐ者」著:ロイス・ローリー を読んで、不安が取り除かれた未来世界が豊かなのかを問うてる小説だった!

現実に起こりそうな、一つの未来予測を描いた少年の物語。

本作は、4部作の1作目。映画化もされている小説です。

書店で、3作目の表紙に惹かれて、読んでみたいと思って、1作目から読み始めました。

児童文学作家が描く未来のお話ではありましたが、現代を私がどう生きるかを考えさせてくれる小説でした。

目次

安全・安心が保証され、一生を約束された規範の中で人が生きる未来が舞台

前半は、キャラクターや舞台となる町・コミュティーの設定の説明が続いています。

ほとんど浮き沈みがなく、平坦な展開が続きます。SFのように想像するような未来感は感じられせん。

この流れは、全体で見ると、後半への大きな伏線と言えます。

未来というから、もっと自由に生きる人々が描かれるかと思っていました。

しかし、本作では小さな町の中で、人柄や職種はいろいろあるけれど、ベルトコンベアーのようにわかりきった人生を過ごしています。

それが当たり前の世界で、誰もそれを疑問に思いません。読んでいる私は、少し退屈にさえ感じられました。

逆に、それは、ほとんど不安要素が取り除かれた時代のように捉えることができました。

感情と記憶がコントロールされている

主人公の少年が、コミュティーで行われる12歳の儀式で、レシーヴァー(記憶の器)という稀で、とても尊い仕事を与えられます。

そこを起点に、この物語の真髄に迫っていきます。

前半が浮き沈みのない流れになっていた理由も少しずつわかってきます。

人々は、薬のようなものを毎日摂取して、高ぶる感情が抑えられているのです。

だから、争いごともなく、淡々と日々を過ごす風景が描かれるのです。

しかし、それは歴史の中で、そういう選択をとった人類の結果だったのです。

そして、記憶は、コミュティーの中で一人だけが蓄えて、次のレシーヴァーに受け継いでいくのです。

その記憶を受け取る仕事を得ることになった主人公が、記憶を受け継ぎ、世界の真実を知り、葛藤を覚えていくのです。

二視点で、世界を見ることができる

主人公に記憶を注がれてから、世界を見る視点が二つに増えて、面白くなりました。

主人公から見る世界と、その他のキャラの視点から見る世界は、全く違うものだったのです。

言葉だけで、はっきりとここまで読み取れる不思議さ。そつない文章の巧さは、あとあとになってわかりました。

さも、それは、自分がレシーヴァーになってしまったかのように、本から記憶を注がれているかのような体験でもありました。

まとめ

中盤から記憶を受け取るようになってから、盛り上がりを見せる作品ではあります。

それ以上に、不安が取り除かれた世界を垣間見たように、不安のない世界が本当に豊かなのか。

それを現代を生きる私に問いかけている作品にも感じられました。

ただし、文学作品であるがゆえに、はっきりとした結末が描かれていないところが、問いでもあると感じられました。

これは、まだ4部作の1作目。2作目にどんな問いが、物語が待っているのか楽しみです。

ギヴァー4部作の書評記事

2作目「ギャザリング・ブルー」はこちら↓

あわせて読みたい
小説「ギャザリング・ブルー 青を蒐める者」by ロイス・ローリー を読んで、見えない恐怖に包まれながら...
小説「ギャザリング・ブルー 青を蒐める者」by ロイス・ローリー を読んで、見えない恐怖に包まれながら...ギヴァー4部作の2作目「ギャザリング・ブルー」。本屋さんで、3作目「メッセンジャー」の表紙の緑色を見ただけで、内容を確認せず読みたいと思って、読み始めたシリーズ...

3作目「メッセンジャー」はこちら↓

あわせて読みたい
小説「メッセンジャー 緑の森の使者」by ロイス・ローリー を読んで、個々の力は与えられるものではなく...
小説「メッセンジャー 緑の森の使者」by ロイス・ローリー を読んで、個々の力は与えられるものではなく...ギヴァー4部作の3作目である「メッセンジャー」。書店で、この「メッセンジャー」の表紙の緑色を見て、内容を確認せず読みたいと思って、読み始めたシリーズ。ついに、...

4作目「ある子ども」はこちら↓

あわせて読みたい
小説「ある子ども」by ロイス・ローリー を読んで、自分を信じて生きる力強さをもらった!
小説「ある子ども」by ロイス・ローリー を読んで、自分を信じて生きる力強さをもらった!ギヴァー4部作の4作目である「ある子ども」。書店で、3作目「メッセンジャー」の表紙の緑色を見て、内容を確認せず読みたいと思って、読み始めたシリーズ最終巻。ついに...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

目次
目次