小説「そして誰もいなくなった」著:アガサ・クリスティーを読んで、綿密に練られた展開に最後まで引きこまれっぱなし!

小説「そして誰もいなくなった」著:アガサ・クリスティー
Amazon Kindleセール中!

【2ヶ月99円】「Kindle Unlimited 2ヶ月99円キャンペーン」表示されたユーザーのみ対象(終了日不明)

【最大12%ポイント還元】「まとめ買いキャンペーン」要エントリー(6/24まで)

【50%OFF】講談社「講談社 オールジャンル特選セール」対象400冊(6/27まで)

【50%OFF】講談社「こっそり読みたい オトナのファンタジー小説特集」対象200冊以上(6/27まで)

【最大50%OFF】講談社「『原因において自由な物語』が文庫化! 傑作リーガルミステリ特集」約90冊以上(6/27まで)

【最大50%OFF】講談社「『味見方同心』新刊配信記念 江戸人情&捕り物・時代小説フェア」約110冊以上(6/27まで)

【30%OFF】「小学館 2024年夏 ぴっかぴか小デジ!感謝祭」対象7,000冊以上(終了日不明)

アガサ・クリスティーのミステリー小説「そして誰もいなくなった」を読みました。とてもおもしろかった。

著:アガサ・クリスティー, 著:青木 久惠, 翻訳:青木久惠
¥730 (2024/01/10 02:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

そして誰もいなくなった」というタイトルは有名で、1度は聞いたことがある。

その作者アガサ・クリスティーも、1度はどこかで聞いたことがある有名なミステリー作家。

それでもまだ読んだことがなくて、どんな内容なのかも知らず。

読んでもみたら、すごくおもしろかった。ミステリー好き、これからミステリー小説を読んでみたい方にもオススメなアガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」を紹介します。

目次

あらすじ

なんのつながりもない10人が、孤島に招かれる。しかし、招待した当の本人はいっこうに姿を現さない。

しだいに雲行きは怪しくなり、島は嵐にあって、島から出ることも迎えも来ない。

そんな中で、部屋にあった詩になぞらえるように人が殺されていく。

そして、最後はタイトルの通り、誰もいなくなってしまう。

ミステリーの手法に感動

アガサ・クリスティー最高傑作とも言われている小説。

孤島の屋敷にあった詩になぞらえて人が死んでいく展開。今でこそ、ミステリーの手法でよく使われる「童謡殺人」。

それにあわせて、1人殺されるごとに10体の人形が1体ずつ減っていく。

おおよそ、どんな殺され方をするのか。詩から想像刺せられる。そして、人形が減ったことで、誰かが死んだこともわかる設定に、ぐんぐん引きこまれていく。

その当時に考えられたこのミステリー手法に感動すら覚えてしまった。

だれが犯人なのか、推理しながら読み進められるのも、さすがアガサ・クリスティー。

探偵のいない解決編

全編を通して、探偵役はいない。

みんなで犯人捜しをしながら、犯人におびえつつも立ち向かう姿が描かれている。

ここから少しネタバレをふくむので、下記のエリアは隠しておく。犯人は明かしていない。

解決編のネタバレが気になる方は、読まないでください。

まとめ

アガサ・クリスティーのミステリー小説「そして誰もいなくなった」は、最初から最後までわくわくしながら読み通せました。

綿密に練られた展開で、いっきに読んでしまいました。

孤島に招待された10人の行動や心理がどんどん変化していく流れは、読んでいるほうも、どうなっていくのかドキドキしながら読めて、おもしろいミステリー小説でした。

ミズシー

ミステリー好き、これからミステリー小説を読んでみたい方にもオススメです!

著:アガサ・クリスティー, 著:青木 久惠, 翻訳:青木久惠
¥730 (2024/01/10 02:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
あわせて読みたい
「氷菓」作:米澤穂信 は、小説とアニメどちらも楽しめるほろ苦い青春の日々に起こる日常ミステリー作品! どちらかといえば、アニメ好きな私です。 しかし「氷菓」は、小説とアニメ、どちらも好きな作品。 【氷菓】 高校を舞台にした日常ミステリー作品。 殺人事件や大掛かり...
あわせて読みたい
小説「本と鍵の季節」by 米澤穂信 を読んで、図書室発の日常ミステリを通して、人間の隠された奥深さを... 男子高校生二人の日常ミステリ。 本作の作家・米澤穂信さんを、「氷菓」シリーズと言う日常ミステリで知りました。 その方の新作で、高校生で日常ミステリという内容だ...
小説「そして誰もいなくなった」著:アガサ・クリスティー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次