ブログタイトル「水輝亭」→「Mizuc ism」に変わりました!

小説「本と鍵の季節」by 米澤穂信 を読んで、図書室発の日常ミステリを通して、人間の隠された奥深さを垣間見る!

小説「本と鍵の季節」by 米澤穂信 の表紙
URLをコピーする
URLをコピーしました!
Amazon Kindleセール中!

【50%ポイント還元】講談社文庫50周年キャンペーン(4/14まで)

男子高校生二人の日常ミステリ。

本作の作家・米澤穂信さんを、「氷菓」シリーズと言う日常ミステリで知りました。

その方の新作で、高校生で日常ミステリという内容だけで、手にした作品です。

日常ミステリなので、一般的なミステリ小説に比べると派手さや大ごとさが、前面に描かれてはいません。

しかし、謎を追っていくと、陰に潜んでいた想像もしない物語に引き込まれていきます。

小説「本と鍵の季節」のフライヤー表
小説「本と鍵の季節」のフライヤー
目次

6編の短編ミステリ集

  1. 913
  2. ロックオンロッカー
  3. 金曜に彼は何をしたのか
  4. ない本
  5. 昔話を聞かせておくれよ
  6. 友よ知るなかれ
小説「本と鍵の季節」のフライヤー裏
小説「本と鍵の季節」のフライヤー

高校2年生の男子図書委員二人が、紐解く日常ミステリ小説。

6編一つ一つ完結する形となり、夏前から冬の高校生活を通して描かれています。

図書室に舞い込む相談から謎が生まれて、推理が始まるミステリがベースです。

全体的には、ミステリよりも友情の話が色濃く描かれている印象を受けました。

淡々と進む謎解きで、男子二人の仲も深まっていく様子も面白いところでした。

日常の陰に潜む人間の裏道へ

ミステリ小説によくある派手な謎解き、殺人事件、難解なトリックというものは出てきません。

日常ミステリなので、開かずの金庫を開けて欲しいとか、自殺した同級生が最後に読んでいた本を知りたいと言った内容。

ミステリのきっかけは、そう大きなものではありません。

しかし、物語が進むと、日常の陰に潜む人間の裏道に迷い込んでいきます。

どの物語も、当初の目的からは想像できない深い理由に行きつき、本作の奥深さを知りました。

本を通して見える思慮深い人物像ときな臭さ

私が読み始めてから感じていたのは、どこかずっときな臭さが漂っているところです。

それは、図書室特有の紙の匂いか、主人公二人の関係性なのか。

作中、様々な本が登場します。

その本に対する感想や見解も興味深く、普段なんとなくでしか知らない図書業界についても触れられて、面白い部分もあります。

1編1編、筋も通って物語も着地しているはずなのに、足が浮いている感覚に陥ります。

物語が進むにつれて、男子二人の仲も近くなる一方で、見えない部分、もっと知りたい部分が現れてきます。

それ以上踏み込んではいけない線。

そこに、日常ミステリの題材が埋め込まれています。

本作の題材選びや構成に、大きな衝撃はなくとも、ゆっくりと着実に心に染み入ってきました。

まとめ

著作に同じく高校を舞台にした日常ミステリ「氷菓」古典部シリーズがあります。

それに比べると、明るさや賑やかさはありません。

むしろ、表向きには感じられないけれど、全体を支える人一人一人の心の奥深さが描かれています。

最後の最後まで、きな臭さを感じさせながら、読者を引っ張っていく不思議なミステリ作品でした。

合わせて読みたい関連記事

ブログ・サポートsupport

ブログコンサルティングサポートサービス

ブログを継続的に発信していくサポートを行っています。

ブログのお悩みや技術的なことを相談できます。

WordPressブログのコンサル・運用サポートプランもあり、メンテナンスやトラブルにも対応します。

小説「本と鍵の季節」by 米澤穂信 の表紙

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる