Book+、1冊1冊に作家の世界観と本のパワーが感じられて楽しめたアーティストブック・手製本の展示販売イベント![2019]

2019年Book+の展示模様

2019年6月5日から始まったブックイベント「Book+」を見てきました。

Book+は、今年で、11回目となるアーティストブック・手製本の展示販売イベント。

アーティストやフォトグラファー、デザイナー、イラストレーターたちによる、なにかがプラスされた本が展示されています。

今年は、豆本が多かったです。細かいところまで作り込まれていて、手にとってじっくり見応えありました。

写真や絵、物語のZINE、遊び心ある作品もあって、1冊1冊に作家の世界観と本のパワーが感じられ、楽しめました。

オーナーさんから作品とその作家さんのお話を聞きながら、他にはない本に触れる時間を過ごすことができました。

Book+についてと、そこで好きになった作品をご紹介します。

インスタレーション

MOYOYA Book•Cafe•Galleryの外観

店内に入る前に、出迎えてくれるのは、同時開催されているインスタレーション作品。

菅沼靖幸さんの「和色展」。

Book+2019のインスタレーション「和食展」菅沼靖幸

グラデーションが綺麗な写真作品。布にプリントされています。

Book+2019のインスタレーション「和食展」菅沼靖幸

さて、何を撮ったものかわかりますか。

羊羹の断面なんです。被写体に断面を選ぶ、まさかそれが羊羹の。

店内・ブックカフェギャラリー

Book+の看板

看板が立つ階段から店内に入れます。

Book+のMOYOYA Book•Cafe•Gallery店内

店内は、ぐるりと作品が展示されています。

Book+のMOYOYA Book•Cafe•Gallery店内

すべて手にとって読むことができます。棚の中にも出展作家さんの過去作品もあり、楽しめます。

Book+のMOYOYA Book•Cafe•Gallery店内

気になる作品があれば、オーナーさんから説明が聞けます。

Book+のMOYOYA Book•Cafe•Gallery店内

好きな3作品

1作1作、手にとって見て、これは、と魅了された作品3つご紹介します。

紙魚図鑑 / 津村明子

本の紙を食べる虫についての図鑑作品。

表紙の虫をイメージさせる糸は、本文と裏表紙を綴じています。アイデアがとてもユニークです。

本文は、紙魚について説明されています。

しかし、ところどころ紙が食べられて、穴が空いている演出も、作品の世界観を物語っていて、とても楽しめました。

お伽の国の素敵な贈り物 / どーる・HONOKA

豆本蛇腹タイプの、お伽の国のギフトカタログ。

巻末の小さなハガキで、好きな品物を申し込みができるほど、こだわって作られていた作品。

コンセプトがお伽の国だけあって、掲載されている品物は、ファンタジー世界のアイテム。

1ページ1ページ開くと、描かれたアイテムが飛び出るギミックになっていました。

アイテムの紹介文も丁寧な文章で、アイテムの絵も書物にありそうだけど、しかし可愛く味わい深いタッチで描かれていました。

1つ1つじっくり選びたくなりました。ハガキを送ったら、本当に送られて来そうな、お伽の国のギフトカタログでした。

Diary / おがわらあや

最初は、誰かの日記が書いてある作品かと思いました。しかし、これは、オリジナルの日記帳で、ちゃんと書き込めるもの。

1ページ1ページに日付がプリントされていました。そのフォントもオリジナルのものでかわいい。

あまり目立たないように、色や線、模様が適度に描かれ、しかも全ページ違ったデザインで、飽きさせない。

裏表紙には、12ヶ月分の数字が用意されて、○で囲むことで、何月の日記帳が簡単に作れます。

オリジナルの日記帳というアイデアに惹かれました。

まとめ

ここでしか出会えないような作品ばかりでした。

1冊1冊に、本のパワー、作家が注いだエネルギーを感じとることができました。

Book+ 開催情報

MOTOYA Book・Cafe・Gallery
2019/6/5(水)~ 6/29(土)
13:00~20:00

※月曜・火曜 お休み
※6/15(土)6/16(日)は17時から
※入場は閉館の30分前まで

東京・初台の静かな住宅街の中にある、ブックカフェ・ギャラリーです。
Cafeでの展示になりますので、ドリンクのオーダーをお願いします。

アクセス

MOTOYA Book・Cafe・Gallery Webサイト

SNS:TwitterFacebookページ

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

小説家・ブロガー・Webデザイナー・オンラインショップ運営経験/2018年末までの5年半、毎日1つ一文で完結する一文物語を作り続けていました。現在、ファンタジー小説を当サイトで連載中!想像力が人生を豊かにするがモットー。

Web小説連載中!

「理想水郷 ウトピアクアの蝶」
異世界に迷い込み、妖精の力を宿した少女のほとり。新しい理想水郷の島作りを目指し、様々な理想水郷を冒険をしていく長編ファンタジー小説!

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。