「あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる」by 堀江貴文 を読んで、お金を持つ、使うことの本質を確認させられた!

あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる by 堀江貴文
Amazon Kindleセール中!

【2ヶ月99円】「Kindle Unlimited キャンペーン」表示されたユーザーのみ(終了日不明)

【最大50%ポイント還元】「Kindle本冬のキャンペーン」対象4万冊以上(12/15まで)

【30%OFF】「講談社現代新書 2022年ベストセレクション」(12/15まで)

【最大50%OFF】「今年最後のチャンス!理工系専門書フェア」(12/15まで)

【最大30%OFF】「年末恒例!講談社の傑作ミステリフェア」(12/15まで)

【最大50%OFF】「講談社文庫配信1万冊突破記念 爆発的な想像力!SF・ファンタジー小説フェア」(12/15まで)

Amazon オーディオブック「Audible」

【2ヶ月無料&100ポイント贈呈】Amazonオーディオブック「Audible」の2ヶ月無料キャンペーン(12/26まで)

貯金のない私が読んで、どうなるか。

本作を読み終えて、貯金することが大事だと思っていた私のお金の価値観が変わりました。

お金を使え、というコンセプトの本ですが、その使う目的、それに向けてどう自分が行動するのかが大事であると学びました。

ただお金を使うだけでなく、行動の重要性についても、良かったところをご紹介します。

目次

貯金は「不安の貯金」貯めていれば、不安はなくなるのか。

もしものときに役立つのは、お金で培える知恵や、豊かな経験だ。

貯めることが悪いとは言っていませんでした。将来の不安のために貯金をするのは、不安を貯金しているのだと言います。

お金は、ないよりあれば、多少の問題は解決できたりします。

しかし、貯金することばかりに囚われていると、自分の行動を狭めてしまいます。お金を使ったらもったいないという考えが出てきます。

お金を使い、知恵を持ち、豊かな経験をすることで、そのもしもに別の対処ができるかもしれませんし、知恵を持っていることで、回避することもできるようになります。

何でもやれ

お金について書かれている本ですが、お金のことを考えず、行動することについても多く書かれています。

人の目を気にしたり、可能かどうか迷ったり、将来性を考えたりするのは、時間の無駄だ。

うまくいく方法は、動いているうちに見つかる。

できるを前提に動き出すことが大切。その瞬間でしか得られない情報や経験ができると説いています。

2019年5月に堀江さんの宇宙事業でロケットも飛ばしています。やると決めて、試行錯誤して行き着いた結果です。

周りからできないと言われ続けていたそうです。

没頭してやれ

情報を浴び、思考を続け、やりたいことを見つけたら、没頭を解放しよう。

逆に言えば没頭するのにブレーキをかける人ばかりなのだから、「ハマる」ことを実践しただけで、飛び抜けた突破を果たせる。

堀江さんでさえ、周囲からできないなど批判されるのですから、有名でもない私は、周囲を気にせず、どんどんやりたいことをやろうと、勇気をもらいました。

没頭に追い込む方法

「己の決めたルールで動く」ことだ。 趣味でも恋愛でも、ビジネスでも、自らプランを立て、自分のやり方で実行する。

他人はいろいろ忠告や意見を言ってくるかもしれないが、完全に無視だ。

「己ルール」を定めて、そのとおりに、気持ちのままに動いていこう。

自分で決めたルールなら、気持ち良いものだ。これまでは、どこか一般常識に当てはめていた節が大ありだった。

結局、それも周囲の目や反応を気にしているからです。名前が知れ渡っているわけでもなく、気にせずやればいいと強く感じました。

誰よりも早くやれ

いまの時代、アイディア自体に価値はない。

アイディアが価値を持つのは唯一、それが実行されたときのみだ。

いいと思いついても実行しなければ、意味がありません。それを持ち続けても自慢にはなりません。

時代の動きは早く、それを人よりも早く実行にこぎつけられるかが重要です。

金持ちを目指すな

もちろんお金があれば、多少の不安は解消させることはできます。

お金の範囲内であれば、欲しいものも買うことができます。しかし、それが買えない金額の場合はどうなのか。

それは、制限範囲の理屈で、お金持ちになりたいという意欲とは切り離されていることだと言います。

「お金持ちになったらどうするの?」

堀江さんの問いです。

私は、単に欲しいものを買うくらいしか答えが出せませんでした。

お金持ちになりたいのは、不安の裏返しなのです。不安だから、お金持ちになりたい。でも、いくらあったら不安がなくなるのか、想像できません。

まとめ

お金を持つ、お金を使うには、そのお金で何がしたいのか、そして、何に使いたいのか。

その本質的な問いがなければ、最終的な不安は消えることはありません。

漠然とお金があればと思って生きてきました。この本を読んで、お金に対する意識が変わりました。

自分が成長することに、楽しむことに使っていきたいと思えるようになりました。

あわせて読みたい
いま君に伝えたいお金の話 by 村上世彰 を読んで、お金のイメージが変わった。もっと早く知っておきたか... 学生の頃、いや子供の頃にでも読んでおきたかった本。 「いま君に伝えたいお金の話」読んで、やっとお金の本質、向き合い方がわかりました。 お金そのものに良い悪い、...
あわせて読みたい
年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人 by 午堂登紀雄 を読んで、年収1億円の人が持つお金の捉え方を知... どうも「お金」ときくと、きれいに巡り巡ってくるものという印象にしたがっている自分がいました。 本作「年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」を読んで、年収1億円...
あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる by 堀江貴文

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次