年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人 by 午堂登紀雄 を読んで、年収1億円の人が持つお金の捉え方を知った!

年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人 by 午堂登紀雄の表紙

どうも「お金」ときくと、きれいに巡り巡ってくるものという印象にしたがっている自分がいました。

本作「年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」を読んで、年収1億円の人のマインドを知ることができました。

お金は、巡らせるもの。

特に、お金をどう扱うか。どう増やそうか考え、どう行動するか。

普段の思考からして、年収300万側の私には、とても刺激的で、取り入れたいことばかりでした。

その思考や行動についてご紹介します。

買う前に見極めろ

1億の人は、何かを買おうとする時、無意識に自分に問いかけています。

  • 「これを買うと、どういうメリットが手に入るのか?」
  • 「それは、本当に値段の価値があるのか?」
  • 「それは、自分が十分利用し尽くせるのか?」

300万の人は家計簿をつけるが、1億の人はどんぶり勘定という冒頭に出てくる項目で、深く考えずお金を支払っている自分に気づきました。

だいたいが、欲しいから買うくらいです。

しかし、1億の人たちは、それを買ったことで、どれだけ自分にメリットがあるか、ましてや、自分を成長させ、次の収入に繋がるのかまで、考えていました。

単なる欲求だけでは、その場しのぎの発散であると感じました。

また、ただ所有したいだけで買うのではなく、さらにその意味を考えなければならないと思いました。

自分を律するというプライド

1億の人は、いつでもどこでも、簡単にプライドを捨てることができる。誰に対しても頭を下げることができ、必要なら「自分はバカです。教えてください」と目下の人間にも教えを請いに行く。目的達成のためには、自分が折れることは大したことではないと考えている。

プライドには、二つの意味があるという。

  1. 自分を律するというプライド
  2. 他人からの評価を気にするというプライド

1億の人が持つプライドは、1のプライドで、2のプライドはありません。

他人の言動に自分の精神状態を左右されることもなく、怒りの感情もコントロールできる。

周囲の視線ばかり気にして、本当の自分を見失っては、とても心が苦しくなってしまいます。

しっかり、自分という軸があれば、周囲の視線を気にすることなく、本気でやりたいことに取りかかれると、つくづく心に刻まれます。

安定志向は、成長が鈍る

この本を読み通して痛感するのは、とにかく安定を求めていないということです。

1億稼いだら、次は10億、次は……というように、次へ次へ進もうとしひとところで立ち止まることをしていない。

その理由は、「立ち止まると、すぐにつぶれてしまう」「現状維持は即、死だ」という、凄まじいほどの危機感を持っているからだ。

自分で限界を決めず、新しいことへ挑戦し続けていることが伺えます。

それは、安定を求めることで、不安定になってしまうことを1億の人たちは知っているというのです。

安定志向は、平穏を求め、リスクのあるチャレンジを避けることになり、成長が鈍る。

自ら変化していかなければならないことを改めて感じました。

変わらない状況こそ、危機なのだと。

まとめ

本作を1ページ1ページ読む中、どれも心をざわつかせる内容でした。

いかに、考えて、行動にいたっていないのか、痛感させられました。

しかし、この本を通して、収入1億の人たちがどんなことを意識して、社会を見て動いているのか、とても参考になりました。

今までの自分にはなかった視点や切り口をしっかり吸収し、自分の成長に役立つものばかりでした。

合わせて読みたい関連記事

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。