「ケーキの切れない非行少年たち」by宮口幸治 を読んで、非行少年の見え方を変わる本だった!

「ケーキの切れない非行少年たち」by宮口幸治
Amazon Kindleセール中!

【2ヶ月99円】「Kindle Unlimited キャンペーン」表示されたユーザーのみ(終了日不明)

【最大70%OFF】「Kindle本ビジネス書キャンペーン」(2/2まで)

【最大50%OFF】「世界を変えた名著の数々『偉大なる思想書』フェア」対象約400冊(2/2まで)

【最大50%OFF】「人気コミックエッセイフェア」対象約900冊(2/2まで)

【全点半額】「創文社オンデマンド叢書 レーベルフェア」(2/2まで)

【最大70%OFF】「Kラノベブックス 真冬のレーベルフェア」(2/2まで)

【最大50%OFF】「お仕事萌え♡ 超必読のBL人気作家フェア 後半戦」(2/2まで)

【最大70%OFF】「幻冬舎 電本フェス 前夜祭」対象約450冊以上(2/2まで)

【99円均一】「寒さを吹き飛ばせ! 講談社文庫オール99円フェア」(2/9まで)

【最大80%OFF】「サスペンス・ミステリーキャンペーン」対象約1,000冊(2/9まで)

【全品半額】「ご愛読感謝で全品半額! 冬電書FINALセール」対象約1,000冊(1週間限定)

「ケーキの切れない非行少年たち」を読んで、非行少年の見え方が変わりました。

精神科医である著者:宮口さんは、少年院で少年たちを見てこられ、反省や理解を促すだけでは更生させられないと本書で語られています。

それは、少年たちが自分が悪いことをしたと理解できていないのです。

勉強ができないことや人の言っていることが理解できないという以前に、「認知のゆがみ」があって、正しく認識できていないという事実には驚かされました。

本書は、著者が見てきた少年たちの症状や社会でどんな取り組みがされているのか、わかりやすく書かれています。

中でも印象的だったところをご紹介します。

目次

ケーキが切れない

「ケーキの切れない非行少年たち」by宮口幸治
非行少年が三等分にしたケーキの図

一見、ある程度年齢がいっていれば、誰でもできそうなことだと思う。

しかし、実際にはそうではなかったのです。

本書では、非行少年には「認知のゆがみ」が起きていて、誰でも理解できそうなことが理解できないことが多いとありました。

気づかれない子供の障害

非行少年にテストを受けさせると、下記のような点が多く見られるがわかりました。

  • 認知機能の弱さ……見たり聞いたり想像する力が弱い。
  • 感情統制の弱さ……感情をコントロールするのが苦手。すぐキレる。
  • 融通のきかなさ……何でも思いつきでやってしまう。予想外のことに弱い。
  • 不適切な自己評価……自分の問題点がわからない。自信がありすぎる、なさ過ぎる。
  • 対人スキルの乏しさ……人とのコミニケーションが苦手。
  • 身体的不器用さ……力加減ができない、身体の使い方が不器用。

単に本人が勉強してこなかった、努力不足、理解不足という理由ではなかったのです。

障害だったという内容に、驚愕させられました。

非行少年になりたくなったのではなく、障害を持っていたことで正しいことと悪いことが判断できなかったのです。

そのためケーキを言った通りに切れなかったり、悪いことをしたら、どういうことになるのか、先々を考えることができなかったのです。

幼少期、子供時代、学校教育の中で

頭ごなしに教えて、ついていけない子供はそのままにされがちな学校教育。

単に理論を教えても、上記にあげた点が弱いと、理解自体が難しいといいます。

もしそういう子がいれば、別の形で訓練や強化するプログラムが必要で、幼少期から受けさせてあげると、非行少年にはならなかったのかもしれない。

ただ、家庭や学校でも、そういった障害を持っているかどうかなかなか気づけないようです。

警察に捕まって、やっとその傾向があると気付いたり、テストを受けて認定されることも多いのが実情だった。

まとめ

悪いことをしたくてしていたのではなく、結果的に悪いことになってしまっていて、それを判断できなかったことには驚きました。

一概に非行少年全員が、認知のゆがみをもっているわけではないようですが、TVやニュースの報道で少年犯罪があったことを見聞きすると、少年の背景にはどんなことがあったのか考えるようになりました。

非行少年の見え方を変えてくれる本でした。

著:宮口幸治
¥752 (2022/10/07 12:44時点 | Amazon調べ)
あわせて読みたい
なぜ、あなたは変われないのか? by 古川武士 を読んで、感情日記をつけて、自分の思考習慣を知る! 「なぜ、あなたは変われないのか?」という本を読んで、感情日記というものをつけ始めました。 私は、以前から日々の記録として「日次レビュー」と「ありがとう日記」を...
あわせて読みたい
内向型を強みにする by マーティ・O・レイニー を読んで、内向型の特性を理解して、行動を変えて楽にな... 私は、強く内向型であると認めている。 本書を読んで腑に落ち、内向型を理解することで、自分のことも分かり、心が楽になった。 もともと人付き合いや人との応対に強い...
「ケーキの切れない非行少年たち」by宮口幸治

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次