感情日記をつけて、自分の思考習慣を知る

イライラした人や感情をあらわにした人たちと日記帳

感情日記というものをつけ始めました。

昨年から、日々の記録として日次レビューとありがとう日記をつけています。

その日に出来たことや自分がいいなと思えたことへの感謝を綴っています。

ただ、それらだけだと、あまり自分の感情が入っていないなと感じていました。

マイナスの感情を書きたくなかったのだと思っていましたが、それも書いていこうと思い始めました。

感情日記をつけ始めた理由

感情日記を書こうと決心させてくれたのは、「なぜ、あなたは変われないのか?」という本を読んだからです。

この本の中で、感情日記をつける実戦があります。それを真似してやってみようと思ったのです。

私は、2017年から少しずつブログを通して自分の変化を感じていました。そして、「ビリーフ」という言葉を次第に聞くようになりました。

この本には、そのビリーフについて書かれていて、自分が持つビリーフについて知りたくなったのです。

ビリーフとは

無意識にある「根深い思考習慣」を心理学では「ビリーフ」というようです。

幼少期に作られた、心のずっと奥にある根深い思いこみのことです。

イライラしたり、すぐ落ち込んだり、思い切って行動できなかったり、そんな自分に嫌悪感があったり……。

私の場合は、思ったように物事を発言できなかったり、人を信頼することに抵抗があったり、お金のこととか……。

そういった背景には、自分の無意識下にあるビリーフが影響しているようなので、そのビリーフがなんなのか知ってみたいと思い始めました。

感情日記は、日次レビュー、ありがとう日記とともに

私は、普段、ほぼ日手帳に日次レビューとありがとう日記を書いています。

その付け方は、こちらの記事をご覧ください。

感情日記の書き方

感情日記は、その日に印象に残った感情を4つの項目に分解して書き出します。本の例を見ると、書き出す感情は、一つ二つくらいで良さそうです。

  1. 出来事
  2. 心のつぶやき
  3. ビリーフ
  4. 感情の数値

まとめ

どんな感情を持って1日を過ごしてきたかを記録し、日々リストアップすることで、表面的にしか見えなかった自分の思考に気づけます。

さらなる分析を進めて、またしっかりと自分と向き合って行きます。

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。