早寝早起きのコツは、早寝にあり!1週間継続してみて、寝る時間を決めてから、1日を逆算して行動すると良い!

寝室

気づくと寝るのが遅くなっていて、どうにかしたいと思っていた1週間前。

やめられなくなる、小さな習慣」という本を読んで、早速、実践しました。

習慣を身につけたい人向けの本でしたが、習慣化させるにはとにかく早く寝て、早起きすることが大事だと書かれていたのです。

ならば、と実践した翌日から、朝起きて、朝活することできました。

しかもそれを1週間続けることができました。

早く寝ると体の調子も良いと実感しています。

とにかく早く寝る

23時には、布団に入って寝たいと思いつつも、24時を過ぎることもよくありました。

SNSとか録りたまっているアニメの消化など、しなくてもいいことをしてしまっています。

思い切って、22時に布団に入り、寝始めました。

翌朝6時には目が覚め、早く寝たこともあり、いつもよりも体が軽く感じられたのです。

今まで通りに寝て、無理に朝起きるより、とても楽だと感じました。

私は、7時間くらいは寝ないと調子が良くないので、そのくらい時間を確保できるようにしています。

寝る時間を決めてから、1日を逆算して行動

朝活した行動記録メモ

これは、1週間、早寝早起きをやってみてわかったことです。

どうしたら、早く寝れるのか。

寝る時間を決めてから、スケジュールを立てればいいのだとわかりました。

朝、起きる時間を基準にするのではなく、寝る時間を基準にすると、寝る時間までに何をするべきか考えるようになりました。

無駄なことが見え、生活行動を見直せる

寝る時間を決定し、睡眠時間の確保を考えると、普段の行動を見直せるようになりました。

無駄なことをしていることにも気づけたり、やることが多いなとわかったりしました。

一つ一つの行動に集中して、作業を早めて終わらせる意識も生まれます。

また、いくつかやらないと決めたりすることで、行動にもゆとりができました。

まるで、行動の断捨離をしているようでした。

頭のエンジンのかかりも早くなる

早寝早起きをして、一番実感できたことです。

早く起きたことで、その分、早く頭も動き始めました。

ただ、早くなるだけでなく、とてもクリアな状態なので、集中もできると感じることができました。

まとめ

早寝早起きは、いい!

早く寝て、早く起きることは、とても良いことばかりだと実感することができました。

続けていきたいと思えるようなことばかりだったので、続けることができます。

習慣化するには、報酬が必要です。

早寝早起きの場合は、十分な睡眠時間が得られたり、朝の充実さが得られることで、決して朝起きることが嫌になりません。

始めてから1週間、私は継続することができました。

早く寝ることが、とても大事で、それが早起きのコツだとわかりました。

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。