手製本を出展した第39回八王子市図書館「手づくりの本展」を見てきました!

市政100周年記念 手づくりの本展

2018年1月27日~2月4日まで、八王子中央図書館で開催される「手づくりの本展」を開催初日に見てきました。

私の作品も参加しています。

糸かがり手製本はん・ぶんこ一文物語365飛天舞と2016年集星雲海
  • 一文物語365 2016年集 星雲海
  • 一文物語365 飛
  • 一文物語365 天
  • 一文物語365 舞

第39回八王子市図書館「手づくりの本展」レポート

八王子中央図書館外観

東京都八王子市にある中央図書館で、開催されている展示イベントです!

第39回八王子市図書館「手づくりの本展」ウェルカムボード

お出迎え。建物内の会場に行く階段にありました。

第39回八王子市図書館「手づくりの本展」会場内風景

手づくりの本展は、八王子市内在住・在勤・在学・広域・利用協定市在住の方々が、自作の絵や文章を自分で製本したものを展示しています。

第39回八王子市図書館「手づくりの本展」会場内風景

手作りされた様々な本が、ずらりと並べられていました。
200作近い作品が、読むことができます。

第39回八王子市図書館「手づくりの本展」会場内風景

大人だけでなく、子供、学校単位での参加もあり、子供らしいユニークな本もたくさんありました。

第39回八王子市図書館「手づくりの本展」会場内風景

手作りの本ということだったので、てっきり工芸本や豆本みたいなアイテムとしての本もあるのかと思ったら、ほとんどありませんでした。

第39回八王子市図書館「手づくりの本展」会場内風景

本として、中身のあるもの。大人子供関係なく、意図があって何かを伝えたいがために、本となっていました。

文章や絵、写真、スクラップブックのような資料集まで。

装丁がどうのこうのという見方もありますが、「手づくりの本展」では、本としての内容に刺激を受けました。

私は普段、子供に接する機会が少ないので、小学生らの作品からとても刺激を受けました。

一冊にまとめるそのパワーを、本を通していただきました。
画用紙に絵や文を書いて貼りあわせただけのものもありましたが、それが本になって、とんでもない力が込められているのに驚きました。

中でも、冒険に行くお話がいくつかありました。女の子が書いていた本があり、小説を書く身、心を揺さぶられました。

私もこんなにユニークで、楽しそうに書いてある物語を作りたいと改めて思わせてくれました。

今回の「手づくりの本展」は、どの作品も内容がしっかりとある「本」の展示でした。1冊1冊手に取りながら、作りや紙の触り心地、内容を楽しみながら読ませていただきました。

「手づくりの本展」は、2月4日まで開催されています。

ぜひ、この機会に手づくりの本に触れてみるのはいかがですか。
遊びにいらしてください!

第39回八王子市図書館「手づくりの本展」

第39回八王子市図書館「手づくりの本展」ポストカード

開催期間:2018年1月27日(土)~2月4日(日)
開催時間:10:00~16:00
場所:八王子中央図書館 地下展示室
東京都八王子市千人町3-3-6
JR中央線 西八王子駅から徒歩3分

関連記事

市政100周年記念 手づくりの本展



minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

2013年6月より毎日一つ、一文だけで完結する一行小説を今も作り続けて、作品数は1,700本を越える。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。