まだ心が開ききっていない自分に、彼は頼ってほしかったと言った。

OPENと発光する看板

昨日、リレー小説を書き終えての感想をブログにした。そこに書かなかったことがある。

内容が個人的な指摘だと思ったため、別の記事にしておこうと思う。

[kanren postid=”2082″]

相談せず、頼ることをしなかった自分

リレー小説を書いている時、自分の最後の担当回がなかなか書けずにいた。

初稿はすんなりと書き上がり、フィードバックをもらうため、もうひとりの執筆者に送った。
毎回のことだが、フィードバックをもらうと、結構打ちのめされる。
伝えたいところが伝わっていない筆力に悔しさを覚え、確信をついた指摘、意見が直に心に刺さる。
これは自分を否定されているわけではない。すぐにもっと面白くなるように書くぞ、と気合が入る。

しかし、最後の回に限っては、なかなか書きまとめることができなかった。

そんな時は、もうひとりの執筆者に相談すべきだった。

が、できなかった。

もし、ここで相談ないし、頼る姿を見せたら、自分はダメな人間だと思われるのではないか思ったからだ。

借りを作ったら、あとから何か言われるかもしれないし……。

自分ひとりで切り開くことこそ、力がつくと考えていた。

相談して、頼ってほしかったと彼は言った。

リレー小説の感想の話をしているときに、もうひとりの執筆者はそう言ってきた。

もともとリレー小説を始める経緯は、お互いの創作の勉強をしようというところにあった。

彼は、悩む部分があれば、一緒に考えたかったとも付け加えた。

そう言われた瞬間、自分は相談しなかったことを後悔した。

以前の仕事でもそんなことを言われたことはあったが、「いやいや、一人で乗り切ってみせます」的な、どうしょうもないプライドで粋がって進んでいた。

それでできたものは、たいしたものじゃなかったような気がする。

2015年の起点から2年。まだまだ自分をオープンにはできていない。まだ、弱い自分を見せることに抵抗があるんだと思う。

でも、彼の一言は、自分のそんな部分は見ていなかったんだと思う。悩む部分を解決して、よりいい作品づくりを目指していたにも関わらず、自分はまだ心を開いていなかったんだと気づいた。

自然体を目指して

まだ心の何処かで、何かが引っかかっている。

なかなか書き上げられず、正直つらかった。でも、リレー小説なのだし、フィードバックを出しながら一緒に作っているのだから、相談くらい、すれば良かった。

今になってみれば、相談しておけば、もっと違う気持ちで小説が書けたのではないかと後悔している。

しかし、もうそれは過ぎ去ってしまったこと。

幸い、次回作にも取りかかり始めることができた。

これからは、もっと正直な気持ちで、向かい合いたいと思う。

[kanren postid=”936″]

[kanren postid=”1587″]

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。