Pinocchio展開催中!

10月7日(日)まで、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、もしピノッキオが鉄で作られていたら、という小説を出展しています!詳細はこちらから。

Pinocchio展の小説手製本の制作-目次をレイアウトし、本文のデータを修正して、新しい表紙デザインをプリントアウト確認!

Pinocchio展に出展する小説の新しい表紙デザイン

9月に出展する小説作品の手製本制作、進んでいます。

本文を実際のレイアウトでプリントアウトして、読み直しをしました。

本文データの修正

Pinocchio展に出展する小説の本文レイアウト

誤字脱字や加筆修正などをして、レイアウトソフトAdobe InDesignの本文データに修正を加えました。

まだ、ルビを振っていないので、それはこれからの作業になります。

また、ところどころに挿絵を入れようかと考えています。

目次のレイアウト

Pinocchio展に出展する小説の目次レイアウト

まだ、完成はしていませんが、大まかな形までできました。

章の数が多いため、章ごとに概要を載せようと思っています。

ピノッキオの原作小説にも、前書きとして簡単な概要があるので、それにならってます。

新しい表紙デザイン

Pinocchio展に出展する小説の新しい表紙デザインをプリントアウトしたもの

背景を変更して、シンプルなデザインにしてみました。

自分の名前が見づらいので、また手直しします。

それぞれ、だんだん形になってきました。

出来上がりまで、もう少し。楽しみながら、作業を進めていきます。

できあがりをお楽しみに!

9月12日(水)から開催されるPinocchio展の詳細は、こちらから
ぜひ、見にいらしてください!

合わせて読みたい関連記事

ピノッキオの冒険(著カルロ・コッローディ)原作小説は、現代社会をも風刺しているようにも読める深い作品だった!

Pinocchio展に出展する小説の新しい表紙デザイン



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。