Pinocchio展開催中!

10月7日(日)まで、ピノッキオをテーマにした12人の作家の作品展に、もしピノッキオが鉄で作られていたら、という小説を出展しています!詳細はこちらから。

Pinocchio展の小説手製本の制作をスタート。本文の確認用をプリントアウト、表紙デザインも進めています!

Pinocchio展に出展する小説の原稿

9月に出展する小説作品の手製本制作を開始しました。

小説は、7月から執筆をスタートさせて、8月上旬に書き上がっています。

今回、手製本にするにあたり、レイアウトの確認と本文の推敲、誤字脱字をチェックしていきます。

執筆環境は、初の試みでポメラを使用

ポメラDM200

テキスト入力専用デバイス、ポメラ(DM200)。

テキスト入力しかできないので、パソコンより集中できました。

Pinocchio展に出展する小説の原稿ポメラ

章ごとにファイルを作成して、執筆していました。

Pinocchio展に出展する小説の原稿を管理するScrivenerの画面

書き上げたテキストデータをScrivenerに移動させ、ここからは、Scrivenerでテキストを管理していきます。

InDesignで、本文のレイアウト

Pinocchio展に出展する小説の原稿InDesignレイアウト

AdobeのInDesignを使用して、本文のレイアウトやページを管理していきます。

Scrivenerから、テキストを書き出して、InDesignに読み込みます。

B6サイズで、2段組。以前、長編小説を組んだ時のデータを使用。

Pinocchio展に出展する小説の原稿

確認用に、実際にプリントアウトしました。今作の形にも合って、良さそうです。

これから読み直す作業です。

表紙デザイン

Pinocchio展に出展する小説の表紙デザイン

少し前から表紙デザインは、考えていたので、大まかな形まで作ることができました。

これから、表紙の紙や印刷具合を確認しながら、調整していきます。

まとめ

本文の確認と、レイアウト、ページ構成、表紙の作成と並行して作業を進めていきます。

最終的には、これらの準備を終えて、糸でかがって本となります。

糸かがり作業を楽しみにしつつ、一つ一つ制作を進めていきます。

できあがりをお楽しみに!

9月12日(水)から開催されるPinocchio展の詳細は、こちらから

ぜひ、見にいらしてください!

合わせて読みたい関連記事

Pinocchio展に出展する小説の原稿



minneで手製本販売中!
ポケットに入る宇宙の万華鏡 上 ckip-2018-vol.1

一文で完結する物語集最新作。2018年1月〜4月の一文物語。手の平サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。