Pinocchio展の小説手製本の制作-表紙を切り抜いて、本文用紙を折って、背に穴を空けて、小口を切りそろえて、糸かがりの準備が完了!

Pinocchio展に出展する小説手製本の素材

9月に出展する小説作品の手製本制作、本番の制作作業に入りました。

糸でかがるために、表紙と本文用紙の準備をします。

プリントアウトした表紙と本文用紙をカットしたり、半分に折ったり、糸を通すための穴を空ける作業をしました。

その流れをご紹介します。

表紙と裏表紙

目印に沿ってカット

Pinocchio展に出展する小説手製本の表紙

A4用紙にプリントアウトした表紙。

表紙は、アラベールウルトラホワイトを使用しています。厚さは、160。

Pinocchio展に出展する小説手製本の表紙のカットする目印

四隅に、カットするための目印を付けてあります。

これに沿ってカットすると、B5サイズに切り抜くことができます。

Pinocchio展に出展する小説手製本の表紙

表紙をカットしたところ。

Pinocchio展に出展する小説手製本の裏表紙

同じように、印刷した裏表紙もB5サイズにカットします。

Pinocchio展に出展する小説手製本の表紙を折ったところ

半分に折ることで、縦長のB6サイズの表紙になります。

糸を通すために、背に穴を空ける

Pinocchio展に出展する小説手製本の表紙に穴を開ける

糸を通すため、背になるところに穴を空けます。

アクリル板に、穴の位置となる部分に穴を空けています。

その穴に、針を通すだけで、位置を計算しなくても、指定の場所に穴を空けることができます。

Pinocchio展に出展する小説手製本の表紙に穴を開けたところ

半分に折った部分に、穴が空きました。

Pinocchio展に出展する小説手製本の表紙と裏表紙

本文用紙

プリントアウトしたものを半分に折る

Pinocchio展に出展する小説手製本の本文用紙を半分に折る

本文は、B5サイズの書籍用紙にプリントアウトしています。

書籍用紙は、小説などでよく使われているクリーム色の紙です。

一枚一枚半分に折ります。折ったものを4枚一組として16ページの冊子を作っていきます。

Pinocchio展に出展する小説手製本の本文用紙の背表紙になるところ

背表紙はつけないタイプの本ですが、背の部分にタイトルが出るようにしています。

そのため、背になるページの中央部分に、分割したタイトルもプリントしています。

Pinocchio展に出展する小説手製本の本文用紙の背表紙タイトル

半分になるところで折り、背に出るようにしておきます。

Pinocchio展に出展する小説手製本の本文用紙を半分に折ったところ

全部、半分に折り終えました。

背に穴を空ける

Pinocchio展に出展する小説手製本の本文用紙に穴を開ける

表紙と同じく、糸を通すための穴を背に開けていきます。

道具は、同じもの。

Pinocchio展に出展する小説手製本の背表紙タイトル

表紙と本文がそろいました。

背のタイトルもしっかり並ぶと、字が浮かび上がるようになります。

小口を切りそろえる

Pinocchio展に出展する小説手製本の本文用紙の小口をカット

ページをめくる面を切りそろえます。

Pinocchio展に出展する小説手製本の本文用紙の小口をカット

 

Pinocchio展に出展する小説手製本の本文用紙の小口をカット

きれいに揃うと、めくりやすくなります。

まとめ

"Pinocchi cchio展の小説手製本の制作-表紙をテスト作成し、挿絵を描いて、本文データに配置!</a

これで、表紙と本文用紙を準備することができました。

次は、空けた穴に糸を通してかがる作業です。完成までもう少し。

できあがりをお楽しみに!

本作は、9月12日(水)から開催されるPinocchio展に出展いたします!

ぜひ、見にいらしてください!

本作品で使用している本文用紙は、淡クリームキンマリです。

楽天市場のペーパー ミツヤマで販売されているものです。

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。