2019年振り返り:「不安を感じたら進め」で、行動したら、自分を開く学びと気づきを多く得られた1年だった!

2019 12/28
2019年振り返り:「不安を感じたら進め」で、行動したら、自分を開く学びと気づきを多く得られた1年だった!

2019年のテーマは「コンフォートゾーンを出る」でした。

コンフォートゾーンは、居心地のいい場所という意味です。

実際に住んでいる場所というよりは、自分が快適なやり方であったり、行動する範囲、考え方など、自分でこれが楽と思えるような範囲のことです。

しかし、ずっとその快適ゾーンにいるだけでは、レベルアップすることはできません。

そのコンフォートゾーンを出て、自分を変えて少しでも成長したいと考えていた1年でした。

その意識を持ったことで、行動する範囲も広がり、人との出会いや自分を成長させ、気づきを与えてくれる機会にたくさん出会うことができました。

充実した1年でした。

目次

コンフォートゾーンを出る

  • プラス1分の負荷!
  • 不安を感じたら進め!
  • 早く言語化!

どうコンフォートゾーンを出るか。上記3点を意識しました。

「不安を感じたら進め」と「早く言語化」の壁には、よくぶつかりました。

何か行動を起こそうとすると、不安を感じるので、進まざるを得ません。進んだ結果、多くの学びや気づきを得る体験ばかりでした。

しかし、良かったと思うだけでは身につかず、忘れてしまうので、すぐに言語化を試みました。

言語化したことで、一段と考えが深まり、自分の意識も再確認できて、良かったアクションでした。

言語化する際、かなり考えたり、言葉に迷うこともあり、それでも諦めることなく言葉を絞り出したことで、自然と「プラス1分の負荷」を勝手に自分に加えていました。

自ら行動することで、上手く流れていくものなのだと感じました。

変化と気づき

不安の90%は、起こらない

「不安を感じたら進め」という意識が、自分の行動を変えてくれた1年でした。

何か興味あること、ワークショップに参加してみるとか、イベントに行ってみるとか、面白そうと思う反面、すぐに不安を感じます。

その不安は、内容によって様々あるのですが、「不安を感じたら進め」の意識で実際に行動を起こしてみると、当初感じていた不安はなく、楽しくイベントに参加できていた自分がいました。

たぶん、不安はほぼ幻想であって、自分の思い込みなのだと気づかされました。

直感で、本当の不安、危険性、動かない方がいいというものもあるので、一概には言えませんが、行動を起こしていくことで、その見極めもできていくと思えています。

自分の感情を受け入れる

これも不安につながっていたことだと、今では思えること。

自分の喜怒哀楽の感情の波に怖れていたことに気づきました。

感情のボーダーラインがあって、それを超えてしまうと、自分がどうなるかわからず、わからない自分に怖れを感じていました。

とてもつもなく喜んだり、悲しくなったり、感動したりした時、自分の知らない感情に飲み込まれ、醜態を晒すのではないかという不安。

しかし、自分と向き合い、感情を受け入れた時、そこに嬉しさや美しさを感じることができました。

感情が押し寄せてきたとしても、自分自身を見失うわけでもなく、むしろ、感情に満たされたことで、広がる世界もあるのだと知ることができました。

決して、それは怖れでも恥ずかしさでもない、純粋な気持ちなのだと気づきました。

創作:サイトのタイトルを変えたり、長編小説を完結させ、一文物語を再開!

今年の真ん中に、サイトのタイトルを変えました。

タイトルに窮屈さを感じ、より広い意味を持たせた「水輝亭」にアップグレードしました。

この変更が、自分自身の行動や意識も広げてくれたと感じています。

だいぶ時間がかかってしまいましたが、オンラインで小説を更新していきました。

新しい試みをしていた中で、やはり気づくことや自分の特性もわかり、良い経験ができました。

新作の長編小説も準備していますし、違ったジャンルを書いてみたいとも思っています。官能小説も書いてみたいと思っています。

そして、一文物語の制作を再開したことは、私自身驚きでした。

コラボ企画で作品を作りましたが、自分の作品作りを始めました。

5年半続けたのち約1年やめていましたが、その時には書けなかった物を書けたり、挑戦したい気持ちが芽生えました。

仕事とお金は、あるようでないような生き方に溶け込んでいる

仕事とは。

お金とは。

と、考えた1年でもありました。

その答えを出せなかったわけではありませんが、どうも私の中では、一緒くたに溶けてしまっていました。

仕事の利益的には、トントンな感じで、稼げているわけではありません。かと言って、稼いでお金持ちになろうという気持ちもさらさらありません。

もちろん、現代、生きていく上では、お金は必要で、稼ぎは必要です。ご飯を食べたり、ブログを書くにも、パソコンやスマホが必要だったりします。

これは仕事で、これは仕事じゃない、みたいに明確な区別も自分の中で、なくなっていている感覚もあります。

意図的に、曖昧にしたいわけではなく、自分の中におけるその価値観を理解し始めたのだと思います。

むしろ、今まではそこから目を背けていただけだったのだと。

お金や仕事が幸せだとは限らない。(お金や仕事を否定はしていない)

それ以外に、生きる上で幸せになるものがあったんだ、と。

もしかしたら、それがお金や仕事につながれば、良いのかもしれない。

まとめ

私には、「聞く」素質があるみたいです。友人に言われました。

自分では何の意識もしていませんが、確かに人の話を聞くのは好きです。その話の奥深くに潜ってみたい願望があるのかもしれません。

誰かの話を聞くだけでなく、自分に耳を向けることで、心の声も聞きとることもできるのではないか、と思いもします。

多く人と話し、自分とも話した1年間。いつも以上に、出会いや学び、気づきの多かった年でした。

その中で、心を開く、自己開示していくことへの怖れも少なくなりました。周囲の方々もそんな私を見守ってくれて、とても感謝しています。

視野を広げつつも、自分のこともしっかり見つめていくことは、来年も続けていきます。

あわせて読みたい
2019年のテーマは、コンフォートゾーンを出る!
2019年のテーマは、コンフォートゾーンを出る!あけましておめでとうございます今年もMizucics Notesをよろしくお願いします新年となり、今年のテーマを決めました。「コンフォートゾーンを出る」です。12月末に、突...

合わせて読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる