ブログタイトル「水輝亭」→「Mizuc ism」に変わりました!

小説「廃墟都市の復活」by フィリップ・リーヴ を読んで、少し寂しさの残る締めくくりにも移動都市シリーズ完結への圧巻の物語に満足!

小説「廃墟都市の復活」by フィリップ・リーヴ
URLをコピーする
URLをコピーしました!
Amazon Kindleセール中!

【50%ポイント還元】講談社文庫50周年キャンペーン(4/14まで)

小説「移動都市」シリーズ4部作の4作目完結編「廃墟都市の復活」を読みました。

1作目「移動都市」は実写映画化され、壮大なスケールと圧巻の映像で表現されました。

映画化されるという映像を見て引き込まれ、原作小説「移動都市」を読んだのがきっかけで読み続けています。

4作目は、3作目から半年経ってからの物語。

完結編、最終巻は上下巻というボリュームで、ラストに向かって圧倒的なストーリー展開で進んでいきます。

どの部分をとっても、最後、どんな形におさまるのか想像できないほど、移動都市世界が動きます。

移動都市最終巻「廃墟都市の復活」の感想です。

目次

あらすじ

ヘスターが沙漠に呑まれて消えて以来、抜け殻のようになってしまったトムだったが、彼の魂をゆさぶり起こしたのは、飛行商人として訪れた街で見かけた、故郷ロンドンの知り合いの姿だった。慌てて声をかけたが相手は人違いだという。間違いないはずなのになぜ? かの地に何かが隠されていると確信したトムは、娘レンを伴いロンドンを目指す。見捨てられた地で彼らを待つものは。

4つほどの軸で、それぞれの思惑を胸に、動いていく展開。

すべてがつながる物語

三作目の終わりで、トム、へスター、レンの家族は一つになりかけるも、バラバラになってしまった。

その他の登場人物のそれぞれの地に戻ったが、都市が移動する世界観を模倣するように、それぞれの登場人物も移動し始める。

世界は、また古代兵器の恐怖にさらされようとしていて、それを手に入れたい者、それを阻止しようとする者、逃げる回る者がいて、様々な葛藤が描かれていた。

廃墟都市・ロンドンの復活

一作目で、崩壊したロンドンだったが、妙な噂が流れてくる。

その真相を確かめにいくトムとレン。

物語を追いながら、どうロンドンが復活していくのか楽しめる。

これも移動都市らしく、かつSF的な描写にワクワクした。

キーとなる登場人物・2体のストーカーとペニーロイヤル

物語の鍵を握るのは、2体のストーカー。シュライクとストーカー・ファン。

感情をもたない戦闘ロボットだったのだが、人間のように自制し、目的のために動く。

前作まで、怖い存在だったストーカーだったが、なんだか、人間らしく見えて、感情移入できてしまう。

あと、2巻から登場したペニーロイヤル。しつこく主人公たちに絡んでくる。

しぶとく自分の冒険譚を披露していて、憎くてもどこかまた憎めないキャラクターである。

本作にも欠かせない立ち位置で、物語を良くも悪くもいい具合にかき混ぜてくれている。

喪失感の残る結末?

物語は確かに完結しました。

しかし、何か失われ、むしろもっと知りたい気持ちが残りました。

物語が完結したことで、物語が失われたとも言えるかもしれない。

だからこそ、この世界がさらにどうなったのか、想像させてくれる。

それでも、なるほどと思わせる形で結末を迎えた。

その閉じ方にも、本作にふさわしく、最後まで読んで良かった小説でした。

小説も映画もオススメです!

移動都市シリーズ関連記事

ブログ・サポートsupport

ブログコンサルティングサポートサービス

ブログを継続的に発信していくサポートを行っています。

ブログのお悩みや技術的なことを相談できます。

WordPressブログのコンサル・運用サポートプランもあり、メンテナンスやトラブルにも対応します。

小説「廃墟都市の復活」by フィリップ・リーヴ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる