一文物語集3選 – 私が愛してやまない一文物語集

一文物語の本

一文物語。あまり、ピンと来ないかもしれない。

ショート・ショートよりも短いし、詩や俳句ともまた違う。まだ、ジャンルや形態として成り立ってないのかもしれない。

自分も一文物語を毎日書き始めて、しばらく経っている。

一文物語の本をなかなか見つけることができていない。
そもそも、数が少ない。

ネットで探しても、この3作品くらいしかないのだと思う。

どれも趣向が違っているが、とても楽しめる本です!

一文物語作品

 

一文物語集 飯田茂実

私が一番に影響を受けている一文物語の本。

中でも好きな物語はこちら。

名高い巫女の住む岩山へ、多くの男たちがはるばる危険を顧みずにやって来ては、消してしまいたい過去の記憶を口移しで吸い取ってもらっている。

一文物語集 27

 

二十年あまり舞台のうえで老夫婦を演じ続けたふたりの役者が、公演打ち切りの晩、始めて舞台の外で抱き合った。

一文物語集 75

一文であるにもかかわらず、多くのことを想像してしまう。

この本にあるような一文物語に追いつけ、追い抜けと何度も何度も読んで、読むたびに新しい発見、想像、刺激をいただいている。

古本ではなく、新品を買うと、ちょっとした仕掛けを一度だけ楽しむことができる。それは開いて本を読んでのお楽しみ!

 

血液と石鹸 リン・ディン

物語として書かれているが、文学的な心情、光景描写が全面に出ている。先に上げた一文物語集とは違って、長めな一文物語が多い。

海外作品ということもあって、日本にはない香りがする。

息を引き取る直前、人々は彼を外へ連れ出し、太陽を最後に一目、生まれて初めて見せてやった。

One-Sentence Stories より

これは、短い一文物語ではあるが、書き手が外国人という先入観もあるせいか、異国文化の状況を想像してしまった。

短編集の中の一編として、一文物語作品が23本載っている。

 

一行怪談 吉田悠軌

一行怪談の本

作品ジャンルを怪談に絞った一行作品。

あおむけで昔の人を思い出していると、とんとん、背中を叩かれた。

一行怪談 11ページ

夜、読まないほうがいいかもしれない。

怪談と一文がとても合っていて、ホラー映画のワンシーンを想像してしまうほど。

でも、ふふっと笑えるかわいい作品もあったりする。

オンライン販売をしている本屋さんで購入可能。

恵文社一乗寺店オンラインショップ
http://www.keibunsha-books.com/shopdetail/000000020156/

誠光社 通信販売
https://seikosha.stores.jp/items/578740e8a458c0e87000059c

どちらも実店舗があり、店頭でも手にとることができると思います。
ちなみに私は、誠光社のお店で買いました。

一行怪談 by 吉田悠軌 京都の誠光社という本屋で見つけて即買いした本

2017.02.03

 

一文物語365

一文物語365 はん・ぶんこシリーズ

私も一文物語を作っているので、読んでいただけたら嬉しい!

minneで手製本販売中!
https://minne.com/@kazuki-mizuc

オンラインで日々更新中!

一文物語365について

2016.10.08
一文物語の本




minneで作品販売中!
手製本「一文物語365 シリーズ」

一文で完結する物語集。それは、たった一文だけで広がる想像の世界。糸1本でかがったA7サイズの小さな本。




ABOUTこの記事をかいた人

2013年6月より毎日、一文だけで完結する一文物語を現在も作り続けて、作品数は1,400本を越える。映像系専門学校を卒業後、システムエンジニア、Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。長編ファンタジー小説を執筆中。また糸かがり手製本による製本および作品販売を行っている。