一文物語集3選 – 私が愛してやまない一文物語集

2020 1/22
一文物語集3選 - 私が愛してやまない一文物語集

一文物語。

そう聞いて、あまりピンと来ないかもしれません。

ショート・ショートよりも短いし、詩や俳句ともまた違います。まだ、ジャンルや形態として成り立っていません。

私も一文物語を毎日書き始めて、参考にといろいろ本を探していますが、一文物語の本をなかなか見つけることができませんでした。

そもそも、数が少ないです。ネットで探しても、これからご紹介する3作品くらいしかないと思います。

ただ、この3作品、どれも趣向が違っていて、とても楽しめる本です!

目次

一文物語集 飯田茂実

私が作っている一文物語の中でも、一番に影響を受けている本です。

中でも好きな物語はこちら。

名高い巫女の住む岩山へ、多くの男たちがはるばる危険を顧みずにやって来ては、消してしまいたい過去の記憶を口移しで吸い取ってもらっている。

一文物語集 27

二十年あまり舞台のうえで老夫婦を演じ続けたふたりの役者が、公演打ち切りの晩、始めて舞台の外で抱き合った。

一文物語集 75

一文であるにもかかわらず、多くのことを想像してしまいます。

この本にあるような一文物語に追いつけ、追い抜けと何度も何度も読んで、読むたびに新しい発見、想像、刺激をいただいています。

古本ではなく、新品を買うと、ちょっとした仕掛けを一度だけ楽しむことができます。それは開いてのお楽しみ!

血液と石鹸 リン・ディン

物語として書かれているが、文学的な心情、光景描写が全面に出ています。

先に上げた一文物語集とは違って、長めな一文物語が多い。

海外作品ということもあって、日本にはない香りを感じとれます。

息を引き取る直前、人々は彼を外へ連れ出し、太陽を最後に一目、生まれて初めて見せてやった。

One-Sentence Stories より

これは、短い一文物語ではですが、書き手が外国人という先入観もあるせいか、異国文化の状況を想像してしまいました。

短編集の中の一編として、一文物語作品が23本収められています。

一行怪談 吉田悠軌

一行怪談の本

作品ジャンルを怪談に絞った一行作品。

あおむけで昔の人を思い出していると、とんとん、背中を叩かれた。

一行怪談 11ページ

夜、読まないほうがいいかもしれない。

怪談と一文がとても合っていて、ホラー映画のワンシーンを想像してしまうほど。

でも、ふふっと笑えるかわいい作品もあったりします。

あわせて読みたい
小説「一行怪談」by 吉田悠軌 京都の誠光社という本屋で見つけて即買いした本
小説「一行怪談」by 吉田悠軌 京都の誠光社という本屋で見つけて即買いした本京都旅で、誠光社という本屋さんに立ち寄った。とっても小さな本屋さん。でも、並べられている本は、店主自ら選んだ本だそう。普通の本屋さんでは、見ないような本もあ...

2017年に、単行本化されました。

私の一文物語作品

一文物語365 はん・ぶんこシリーズ

私も一文物語を作っていますので、読んでいただけたら嬉しいです!

手製本作品は、オンラインショップで販売しています。

ポケットに入る宇宙の一文散系:SNS

2018年より「一文物語365」から改題。2018年12月31日をもって毎日、更新を終了しました。

インターネットを一つの宇宙と見立て、一文物語を流れ星のように、小さな本のスマホ(望遠鏡)から、一文物語を覗き読む。

ポケットに入る宇宙の望遠鏡ノート:note

noteでは、毎日更新している一文物語を、ひと月ごとにまとめて販売しています。

一文物語セレクション集 販売中!

約2,000作ある中から厳選した一文物語セレクション集!クスッと笑えるものからシュールなものまで!

一文物語集 一行一輝選 二〇一三〜二〇一七ノ百の表紙

合わせて読みたい関連記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

関連記事

目次
目次