海を見たいと・小鬼のはなし by ナヲコ を読んで、140字小説の連作で、ドラゴンと小鬼を優しい視点で見る物語だった!

海を見たいと・小鬼のはなし by ナヲコの本

2018年11月25日に開催された文学フリマ東京で、購入した作品。

Twitterで、140字ぴったりの小説をアップしているナヲコさんの新作。

冊子風の本もタイトルがキラキラしていたり、背の糸も銀色で、素敵な仕上がりになっている本です。

ドラゴンと小鬼が出てくる2編のお話に、ほっこりしました。

2つ物語を1冊で楽しめる作り

海を見たいと・小鬼のはなしの両表紙タイトル
  • 海を見たいと
  • 小鬼のはなし

2作が収録されています。

海を見たいとの本文

140字小説で、それぞれ5つでまとめられています。

小鬼のはなしの本文

本の作りも面白く、左右から、それぞれ読み進めることができます。

これは、素敵なアイデアです。開きの方向で、縦書きか横書きレイアウトにしているのは、日本語ならではです。

優しい視点で読む140字小説連作物語

海を見たいとの表紙タイトル寄り

誰かの視点で、ドラゴンと小鬼の様子をそれぞれ描いている作品。

一つ一つは、140字ぴったりで、それだけでも完結しているようにも読めます。

しかし、5篇が集まって、一つの物語とてし捉えることもできる面白いお話でした。

「海を見たいと」に出てくるドラゴンとのお話は、てっきり強くて怖いお話なのかと思ったら、ほっこりさせられました。

誰かが、ドラゴンを見るその視点、ドラゴンの描写がとても優しくて、現実を見ているようでファンタジーな世界を楽しませてくれました。

まとめ

ナヲコさんの連作140字小説という新しい形が、また新鮮に思えました。

単体での作品も好きですが、いくつか集まることで作品の広がりも感じられて、楽しむことができました。

Twitterで、作品をアップされているので、引き続き楽しみにしています。

Twitter:@nawoko140

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。