腰を痛めるその意味は……

2022年4月、今年1発目のぎっくり腰。1年3ヶ月ぶり。

しばらく来てなかったのに、突然、あなたは来るんですね。

再発防止のトレーニングは続けているけど、ちょっとしたズレ?で、狂うみたいだな。

ただ、何度もやってるから、ぎっくり腰になる前兆と、なる直前がわかりはじめている。

今回、その経験値からフルでぎっくり腰になることは回避できた。とは言っても、75%くらいの痛みはある。いつもよりは回復が早い感じがする

目次

なぜ、俺は何度も腰を痛めるのか?根源からかけ離れた答え!

こう何度も腰を痛めて、やっちまった瞬間は、いつも後悔する。後悔と言っても、なにを後悔しているかは自分でもよくわからない。だって、すぐに痛みが襲ってきてその場にしゃがみ、顔を歪ませなければならない。

この痛みを味わうに連れて、ぎっくり腰がイヤになるといえばなる。でも、そこまで絶対イヤかと言われると、そんなでもない。

なかば諦めてもいる。また来たかとも思うし、またいずれなるのだろうとも思う。もちろん、ならないに越したことはない。でも、なっちゃうんだから、もう受け入れている。

なぜ、こうも何度も腰を痛めるのか。わざわざ体から痛みを発してくれる意味はなんだろうか?

あ、正当な理屈はもう必要としていない。もっと別次元のところに引っかかっているようなものだ。決してすべてをあきらめているわけでもないことを書いている。

俺が腰を痛める根拠なき理由
  • とにかく休め
  • 体をいたわれ
  • もう動く必要はない
  • もうなにもしなくていい
  • 必要なものは勝手に集まってくる
  • 痛みが生存の証
  • この痛みを誰かに伝えろ

パッと思いついたものだが、的を得ている気がする。

普段はこの逆をしていて、限界を越えたのだろう。耐えきれなくなった体が痛みという信号と症状を出して、体の動きを止めた。

ということは、普段からそんなに動く必要はないということだ。まぁ、動かないと金銭的に巡らないものになるという不安がある。それすらもせずにいいということなのか。

昨今は、あちこちに動かずとも金銭を巡らせられるとは思う。俺のところにはあまり巡ってこない。誰か巡らせてほしい。つまり、自ら止まることをすれば、勝手集まってくるということだ。

痛みを感じているということは、体が生きている。

この痛みが伝えることは、経験してみないと伝えづらい。体験者からしたら、無理に経験する必要はないと言いたい。だって、痛い。でも、体験したからこそ、自分をふりかえるきっかけにもなる。

でもでも、わざわざ痛みを感じてからふりかえる必要もない。いま、余裕があるならその余裕を使えばいい。ムダにはならない。後悔してからだと、余力がなかったりして立ち直るまで時間もかかる。

そう。

どんな状況だったとしても、今を大事にしていこう。

あわせて読みたい
八王子スポーツ整形外科で、ギックリ腰を診てもらい、リハビリで1ヶ月のトレーニングをして、腰の正しい... 4ヶ月に1度は、ギックリ腰を起こしていた私。 2018年7月が始まってすぐ、過去最大のギックリ腰をやってしまいました。 ただ、ギックリ腰を何度もやっている私は、もう慣...
あわせて読みたい
腰が痛くて洗面台などで曲げられない時は、片足を一歩引くと、負担を軽くして楽に腰を曲げられる! ぎっくり腰や何かの拍子に腰を痛めることが、たびたびあります。 腰が痛くても、どうしても腰を曲げる場面が、生活の中にはいくつもあります。 特に、洗面台で顔を洗っ...
あわせて読みたい
医師が教えるゼロポジ座り 疲れない、太らない、老けない by 中村格子 を読んで、背中が丸くならず、楽... パソコンの前で、座って作業することが多い私です。気づくと背中は丸まり、自分にとって楽な姿勢で座ってしまいます。 以前、腰を痛めたこともあり、正しい姿勢で座りた...
考える

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちらから!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
上へ
目次
閉じる