星野源さんの「相手に自分のことを人見知りと言うのをやめた理由」を聞いて、やっぱり自然体でいたいと思った。

行き交う人々

2017年4月29日に放送されたトーク番組『サワコの朝』に出演した星野源さんが言っていた言葉が、とても印象的だった。

もともと人見知りだという星野源さんは、相手に自分が「人見知り」であることを伝えていたそうだ。

しかし、

「僕、人見知りなんで気を遣ってください」っていってるのと一緒だなって。それってすごい失礼だなって思って……。

と、思うようになったそうだ。
本当は、人と接することは好きで、「コミュニケーションが苦手ということから目をそらすためだった」とも言っていた。

人からも自分からも離れて行こうとしていた自分

星野源さんの言葉を聞いて、あぁ、そうだなと納得した。

「人見知り」と伝えることで、強制的にフィルターのようなものを作って、そこから見て欲しいということなんだろう。

相手は、そういうのって、会った瞬間に分かるんじゃないかと思う。

自分自身も「人見知り」「人との関わりが苦手」という意識がある。
しかし、話をしたりすると、相手からはそんなことない、そうは見えない、などとしばしば言われることがある。

実際には、「人見知り」のレベルでもなく、コミュニケーション力がないわけではないんだろうなと。日本語しか話せないけど、日本語で話はできる。

ただ自分が、人を怖いとか、と思っているだけで、相手は何も思ってもいなかったんだと思う。
心のどこかで、本当の自分は見ないで欲しいから、あえてフィルターを張って、「普通」を見せようとしていたんだろう。

それは、人からも自分からも離れようとしている。
それが進むと、分厚い硬い壁に囲まれて、身動きが取れなくなる。
それを経験したのが、ブログカテゴリー「自分史」に綴った「2015年の起点」で述べたこと。

[kanren postid=”936″]

自然体でいたい

今まで、自分を見つめては来なかった。そのツケで、起きたことではないかと思っている。どんなことに対しても、気構えをし、後先のことを予想して振る舞う自分だった。もちろん、見栄を張るように、自分をよく見せたかった。

そのひとつに「人見知り」だという特殊ステータスを相手に植え付け、その振る舞いをさせて、自分を安心させていただけだ。

でも、限界がきてからは、自分をオープンにして生きていたいと思うようになった。

好きなことは好きと言えるように。

理由もなく、そんなことも言えずにいた。

今は、当時に比べたら、だいぶ気持ちも軽くなった。まだ、全部できているとは思えないけれど、少しずつ知らなかった自分も知ることもできるようになって、楽しくなっている。

そうすることで、世界で自分の居たい体勢が見つけられる。

壁やフィルターに囲まれていないありのままの自分がいる。

心と身体を一致してくる。

それが、自然体なんだろう。

 

それがわかり始めると、嫌われてもいいんだと思えるようになった。

自分も嫌いなこと、嫌なことが当然あるのだから、そうされたってかまわないんだと。

好きならくっついてくるだろうし、側にいてくれる。行動でわかる。

嫌いになれば、自然と離れていく。

誠心誠意、自分の正直な気持ちで行動していれば、相手がどっちの気持ちになってもいい。

そう、どっちになっても、自分の気持ちが伝わった結果なのだから。

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。