小説「死者の学園祭」著:赤川次郎 – いま読んでも楽しめる学園ミステリー小説

小説「死者の学園祭」著:赤川次郎の表紙
Amazon Kindleセール中!

【2ヶ月99円】「Kindle Unlimited 2ヶ月99円キャンペーン」表示されたユーザーのみ対象(終了日不明)

【最大50%ポイント還元】「Kindle本 ポイントキャンペーン」対象約3万冊以上(5/30まで)

【最大70%OFF】「続・カドカワ祭 ゴールデン2024」対象約6,000冊以上(5/23まで)

【最大55%OFF】「Kindle本 コンピューター&IT関連本 セール」対象約570冊以上(5/23まで)

【最大50%OFF】「KADOKAWA文芸&実用書フェア 頂」対象約3,500冊(5/23まで)

赤川次郎さんのミステリー小説「死者の学園祭」を読みました。

学園モノのミステリーを読みたいと思って、手にした作品です。

1977年に書かれた作品で、当然スマホやネットのない設定でも現代的な世界観に置き換えても楽しめたミステリー小説でした。

学園モノ、ミステリー、女子高生が主人公、青春がひとつに合わさったミステリー小説。

面白かったところ、気になったところを感想ふまえて紹介します。

目次

探偵役の主人公は女子高生

女子高生が主人公で、探偵役。

いまでは普通にありそうな設定。1977年当時は、きっと珍しい設定だったのではないか思えます。

学校内で起きた事件がなかなか進展せず、警察は頼りならないとみずから調査をはじめます。

面白かったのは、事件だけを追うのではなく、学校生活やお年頃としての恋にも追われるところ。

夏休みや試験勉強、出会った男性との恋を進展させたりと、大忙し。

それらが事件とつながっていったりと、物語の展開も楽しめました。

読みやすい

赤川次郎さんの作品を読んだのは、高校生以来。

あまり本を読み進められない性分だった学生時代。唯一、すらすら読むことができた小説だった気がします。

久しぶりに読んで、やっぱり読みやすかった

会話部分が多いのもあったけど、文章がわかりやすい。もちろんト書きもしっかり書かれています。

それでも、文章ひとつひとつがとらえやすい言葉で表現されているからだろうと思えます。

その点、描写に物足りない部分もあったりします。もっと濃厚に描いてほしいと思ったりも。

でも、そうすると全体の軽さがなくなってしまい、文章全体の良さが削られてしまうとも思えました。

真相解明

コレは、ネタバレに当たるかもしれません。気になる人は、ここからは読まない方がいいかも。

ミステリーの醍醐味、事件をあきらかにする場面。

てっきり主人公である女子高生探偵が、きっぱり真実を明らかにするかと期待していたのですが、予想していない形で明らかにされます。

それはそれで、この作品のコンセプトとも言えるので、おもしろい展開ではありました。

でも、ミステリーとして、探偵モノとしては、ちょっとモヤモヤ感が残ってしまった。

とはいえ、結末はしっかり描かれて、学園ミステリーとしても爽やかな終わりをむかえられていたので、楽しめました。

まとめ

久しぶりに読んだ赤川次郎さんの小説。

現代的なスマホやネットがないこと、社会の状況に違いがありますが、学園ミステリーとして最後まで楽しむことができました。

文章も読みやすく、これからミステリーを読んでみたい人には、最初の一冊としてもオススメです。

あわせて読みたい
小説「そして誰もいなくなった」著:アガサ・クリスティーを読んで、綿密に練られた展開に最後まで引き... アガサ・クリスティーのミステリー小説「そして誰もいなくなった」を読みました。とてもおもしろかった。 「そして誰もいなくなった」というタイトルは有名で、1度は聞...
あわせて読みたい
小説「金田一耕助ファイル2 本陣殺人事件<金田一耕助ファイル>」著:横溝正史 今まで読んだこのない書き視点で戸惑った。世界観に入りこむのに時間もかかった。 作家視点で描かれているのか? 途中まで誰の視点なのかわからず読み進めていた。 でも...
あわせて読みたい
小説「薔薇のなかの蛇」著:恩田陸の感想 恩田陸さんの長編小説「薔薇のなかの蛇」を読みました。 理瀬という少女が出てくる理瀬シリーズ17年ぶりの新作。 久しぶりに理瀬シリーズを堪能できた。大好きなシリー...
小説「死者の学園祭」著:赤川次郎の表紙

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次