小説「裏世界ピクニック3-ヤマノケハイ」著:宮澤伊織 を読んで、主人公と相方の仲がより深まって微笑ましくなった巻!

裏世界ピクニック3 ヤマノケハイ by 宮澤伊織

本作の1巻との出会いは、友人に勧められ、しかも友人が本屋さんで買ってその場で手渡されました。

手渡された本は読むポリシーで、続きも読みたくなって買ってしまった作品の第3巻。

小説の目次・あらすじ

  • ファイル9 ヤマノケハイ
  • ファイル10 サンヌキさんとカラテカさん
  • ファイル11 ささやきボイスは自己責任

2巻で、死を覚悟した女大生の紙越空魚と仁科鳥子の体調は戻り、また裏世界の探検を進めていく。

お弁当を持って行ったりと、よりピクニック感が出てくる。

しかし、後輩が持ち込んで裏世界案件や新しい裏世界の力を持った者も登場する。

そして、裏世界の影響が現実世界に及ぼし、ちらつく探し人の閏間冴月の姿も……。

3巻も続く

続刊が期待される結末でした。

やっと裏世界のピクニックが楽しくなってきた3巻。

1巻は、なんだか怖いが、先のわからない世界をとにかく進んで、ワクワクした感じでした。

2巻は、裏世界の怖さにも慣れてしまい、少し刺激が物足りないと感じるほど裏世界が普通になってしまった。

そして、3巻は、裏世界の冒険というほど裏世界の探検はむしろ少ない。もっとどんな世界が広がっているのか、探検を進めてほしい気分にさせられた。

裏世界の力が現実世界に?

3巻の特徴といえばいいのか、裏世界より現実での場面が多かったように感じました。

裏世界の力が現実にも及ぼしているかのようにも思えました。

また、裏世界に接触できる新キャラも出てきたことで、裏世界の恐怖よりも、現実で起こる事件的イベントが狂気じみていて、怪談より怖く感じられました。

本当の裏世界ピクニックとして、最初のエピソード・ヤマノケハイがメイン。

しかし、ところどころちらついていた閏間冴月の姿も出てきて、ある意味大きな転換だとも思います。

ただ、完全なる決着に落ち着くことはないのですが、少しの進展があるくらい、とここではとどめておくことにします。

バディーの親密さが深まる

ちらつく閏間冴月を通して、空魚と鳥子の関係もだんだん親密さも深まっていった巻でもありました。

なかなか本音の言えなかった空魚が、本音も言えるような関係にもなって微笑ましく思えるシーンもありました。

小桜をはじめ、DS研を巻き込んだ形で、物語は着実に進んでいく3巻でした。

続きにも期待です!

合わせて読みたい関連記事

weBlog初心者個別相談室!

ブログをこれから始めたい。ブログを始めたはいいが、 どう書いていいか悩む、など、ブログスターター向けの素朴な悩みの質問に、ブログを拝見しながら、あなたにあった解決方法をご提案していきます。

手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。