小説「裏世界ピクニック2-果ての浜辺のリゾートナイト」著:宮澤伊織 を読んで、裏世界に慣れてしまった自分がいた!

小説「裏世界ピクニック2-果ての浜辺のリゾートナイト」著:宮澤伊織の表紙

本作の1巻との出会いは、友人に勧められ、しかも友人が本屋さんで買ってその場で手渡されました。

手渡された本は読むポリシーで、続きも読みたくなって買ってしまった本。

2巻の感想です。

小説の目次・あらすじ

  • ファイル5 きさらぎ駅米軍救出作戦
  • ファイル6 果ての浜辺のリゾートナイト
  • ファイル7 猫の忍者に襲われる
  • ファイル8 箱の中の小鳥

季節は夏。この現実と隣り合わせで謎だらけの裏世界で、女大生の紙越空魚と仁科鳥子は互いにの仲を深めながらも探検を続けていく。
「きさらぎ駅」に迷い込んだ米軍の救出作戦、沖縄リゾートの裏側にある果ての浜辺の夜、猫の忍者に狙われるカラテ使いの後輩女子――そして、裏世界で姿を消した鳥子の大切な人、閏間冴月の謎。未知の怪異とこじれた人間模様が交錯する、大好評のネットロア×異世界探検サバイバル、第2弾!

1巻に続き、2巻も続く。

完結を少し期待しながら、読み進めていたが、そうではなかった。これは、1巻の時と感じ方は同じでした。

話の展開は、1巻に比べるとゆっくり感じられた。その分、その時に入り込んだ異世界を堪能できたと思う。

二人組の少女が裏世界を探検し、1話ごとに個々の話は完結するので、一つ一つの物語を楽しんで読むことができました。

裏世界の新しい場面や情報、敵も出てきて、1巻と流れはあまり変わりなく安心して読めました。

裏世界に慣れてしまった登場人物と自分

しかし、登場人物が裏世界に慣れつつあるので、1巻ほどの緊張感はなかった。

ただこれは、私自身にも言えると思いました。登場人物と同様に、裏世界に慣れてしまっていると思えてしまいました。

それは、2話のリゾートの回に見てとれました。

それでも、少しずつではありますが、新しい展開も見えてきていました。

新しいキャラクターも登場して、主人公の成長も見ることができる一方、新たな葛藤も生まれ、やはり目の離さない展開でもあります。

まだお話は続き、今後も一体どうなっていくのか、気になるところです。

続きが出るまで、楽しみに待っています。

漫画版もあります!

1巻の感想は、こちらから!

合わせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

水島 一輝

水島 一輝

一文だけの小説も書く小説家。毎日1つ一文で完結する物語を書き、5年目1700作を超え、今も続く。Webデザイン業を経て、中学生時代から物語を書いて暮らしたいという思いが忘れられず、実現すべく作家活動を行っている。ファンタジー小説をオンラインで更新し、手製本を手がけて作品販売も行っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします
手製本ポケットに入る宇宙の万華鏡 中 ckip-2018-vol.2の見開いたところ

手製本販売中!

一文で完結する物語集最新作。2018年5月〜8月の一文物語。手の平サイズの小さな本。